--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-01-21

五十鈴の背中が逞しい『赤城から来た男』

                        赤城から来た男 170121

 脚本・新藤兼人、監督・木村恵吾による1950年製作の落ち目の三度笠の男の末路を描いた大映時代劇でおます。、
 主人公の名は星越の瀧蔵。扮しているのは、この時54歳の大河内傳次郎で、中年域に達し、いささかくたびれきった観は落ちぶれた逃亡者にはぴったりでおますが、星越の瀧蔵といえば、1951年の山中貞雄の映画をリメイクした大河内傳次郎主演の『上州鴉』(監督・冬島泰三)の主人公と同じ名前でおます。しかし、新藤兼人の脚本、国定忠治を彷彿させる設定も同じながら、これはまた別のお話でおます。

 かつては手下3千人といわれ、上州・赤城を根城にしていた瀧蔵親分、やがて役人に追われる身となり、こもった赤城山を捨て絞りに絞った子分40人を連れ、旅に浮き寝をさらす逃亡者になってしまいます。子分40人を引き連れた旅はいかにも目立ちすぎ、やがて子分たちも散り散りとなり、残った数人の子分と逃亡の旅を続けております。
 ここに、男どもの逃亡の旅にくっついてトボトボ、黙々と後を付いてくる女がいてはります。名はユキ。彼女は赤城山に瀧蔵親分ご一行がこもっていた時、飯炊きに雇われた山出しの娘で、演じているのは山田五十鈴でおます。子分たちが追い払っても追い払っても瀧蔵親分のそばを離れず、文字通り、黙々と追ってきます。 何かおますな?と成り行きを見守っているとありますねん。そうやないと黙って付いてくるだけのキャラクターにスター女優を配するはずがおません。

 いかに逃亡の旅でも、瀧蔵親分も男でおます。一夜の宿をかつてなじんだ女に頼もうと女のもとを訪ねることを思いつきます。最後に残った子分3人(東野英治郎、加東大介、加藤嘉)と金魚のフンのように付いてくる山出し娘を連れて、ここからが落ち目の三度笠の瀧蔵親分、女難の旅の始まりとなるのでおます。



 

 まず訪れたのは小料理屋を営んでいる沢村貞子のもとでおます。「まぁ、うれしいわ」と女に喜ばれたのもつかの間、長らく放置状態にされていた女が、いつまでも昔の男、しかも相手が官憲に追われて逃げている男でおますから、親身に世話を焼くもんですかいな。瀧蔵親分がほったらかしにしていた間に女はとっくに土地の二足ワラジの親分の愛人になっており、しかも女は役人に通報し、命からがら瀧蔵親分一行は虎口を脱することになるのでおます。
 しばらく、子分3人と金魚のフンとの道行を続けているうち、親分、もうひとりの女が付近に住んでいることを思い出し、よせばいいのに、また女のもとへ身を寄せることにします。男とはいえ、何ともしようのない親分でおます。その2人目の女は母親(金剛麗子)と2人暮らしの星美千子(のちの星美智子)でおます。かつて女の危ないところを瀧蔵親分が助け、それが縁でねんごろの仲になったことが大河内と星みっちゃんとの会話からうかがうことができます。
 案の定、ここも安住の地ではなく、この女も長い間放置状態にされていた女で、簡単に瀧蔵親分は裏切られてしまいます。金魚のフンのユキの機転でからくも窮地を逃れるのでおますが、一度ならずも二度までも女の裏切りに遭った瀧蔵親分の怒りは収まりまへん。
 逃げる女を追って竹藪に追い込むシーンがちょっとすごいのでおます。女の髷を鷲掴みにし、髪は乱れ、着物も着崩れた女を憤怒の形相で親分は殺そうとしますが、ユキが仲に入って親分、無益な殺生をしなくてすむのでおます。

 再び、子分3人と金魚のフンとの旅を続けるのでおますが、ここに来て、それまで黙って親分に従ってきた子分たちの反撃が始まるのでおます。二度も女に裏切られたアホな親分をいつまでもカシラと仰いでいるわけにはいきまへん。しかも、この逃亡の旅は行く手に希望がないおでおます。このあたり、子分たちの考えが妙にリアリストなのでおますな。それに比べれば、親分の何ともノー天気さはいやはやでおます。
 まず最初に反旗を翻したのは加藤嘉でおます。ユキをそそのかして逃げようとしますが、ユキに魂胆を見破られ、瀧蔵親分、子分の裏切りが許せず、とうとうかわいいはずの子分のひとりを殺してしまいます。続いて参謀格の東野英治郎とちょっと酒癖の悪い加東大介もなけなしの所持金を奪ってドロンを決め込みますが、親分との激しい闘争の末、命を落としてしまいます。親分・子分の固いちぎりで結ばれていたはずのやくざも先に展望のない身になってしまえば親分もクソもないという暴露でおますな。

 とうとう瀧蔵親分の逃亡の旅は自分と金魚のフンの2人だけになってしまいます。この後、女に裏切られた男が女に窮地を救われるという皮相な展開になっていくのでおますが、旅の途中、ずっと瀧蔵の行方を追っていた目明しの山本礼三郎と瀧蔵親分のやり取りがちょっと面白いのでおます。
 追われ追われて瀧蔵と金魚のフンのユキとの2人だけになり、瀧蔵は自分の親の生まれ故郷の新潟を目指します。傷つき、あばら小屋に憩う瀧蔵を残してユキは食糧調達にでかけます。その隙に瀧蔵の前に目明しが現れ、ユキの帰りを信じて疑わない瀧蔵に、瀧蔵が2人の女に裏切られたことを知る目明しが「おめでたいぞ、瀧蔵!」と言い放ちます。
 ここで、思い浮かぶのが「おめでたいぞよ、丹下左膳」なのでおます。大河内傳次郎主演の映画だから、「このセリフってモジリなの?」ってもんでおます。この「おめでたいぞよ、丹下左膳」は伊藤大輔監督の無声映画『大岡政談』に出てくる丹下左膳に扮した大河内傳次郎が自嘲する有名なセリフだからなのでおます。

 最後に、この映画で山田五十鈴のヌードが披露されていることに触れなあきまへんな。
 金魚のフンのユキは最後まで瀧蔵をかばって役人の追究を逃れようとし、瀧蔵と運命をともにするのでおますが、途中、ユキの入浴シーンが出てくるのでおます。そこで山田五十鈴が上半身を後ろ向きにさらすショットがおます。ユキの素性は瀧蔵とのやり取りで小さいころに母親を亡くし、山で炭焼きをしている父親に育てられた山しか知らないと語られており、山で育ったという話通り、背中しか見せなかったけれど、山田五十鈴の上半身のヌードは肩幅逞しく、そこはかとなく肉感的なのでおました。 



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。