--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-12-18

チラシを見ても映画を観たことにはならねえ37

                       チラシ田中絹代 161217  チラシ浪花千栄子 171217

 お江戸在住のお友達から、今年最後となる名画座のチラシが送られてきました。
 その中にあった日本映画の象徴的な催しが来年1月4日から神保町で始まる「没後40年特別企画 女優・田中絹代」と1月14日からの渋谷での「名脇役列伝1 浪花千栄子でございます」の特集でおます。
 片や、戦前戦後を通じて主演女優を貫いた田中絹代、片や、脇役ながら映画ファンの記憶に長く名前を残すことになった浪花千栄子のおばさまたち(僕の年代からみればね)。
 多くの人と同様、どちらも私生活では毀誉褒貶の多かったおばさまでござります。

 田中絹代特集では、日本映画初の女性監督として自身の監督作品『恋文』(1953年、新東宝)と『乳房と永遠なれ』(1955年、日活)を含む全19作品が予定されとります。
 ◎恋の花咲く 伊豆の踊子(1933年、松竹蒲田、監督・五所平之助)
 ◎非常線の女(1933年、松竹蒲田、監督・小津安二郎)
 ◎マダムと女房(1931年、松竹蒲田、監督・五所平之助)
 ◎愛染かつら前後編(1938・39年、松竹大船、監督・野村浩将)
 ◎簪(1941年、松竹大船、監督・清水宏)
 ◎風の中の牝鶏(1948年、松竹大船、監督・小津安二郎)
 ◎夜の女たち(1948年、松竹京都、監督・溝口健二)
 ◎花籠の歌(1937年、松竹大船、監督・五所平之助)
 ◎宗方姉妹(1950年、新東宝、監督・小津安二郎)
 ◎銀座化粧(1951年、新東宝、監督・成瀬巳喜男)
 ◎煙突の見える場所(1953年、スタジオ8プロ、監督・五所平之助)
 ◎流れる(1956年、東宝、監督・成瀬巳喜男)
 ◎黄色いからす(1957年、歌舞伎座映画、松竹、監督・五所平之助)
 ◎太夫(こったい)さんより 女体は哀しく(1957年、宝塚映画、東宝、監督・稲垣浩)
 ◎彼岸花(1958年、松竹大船、監督・小津安二郎)
 ◎楢山節考(1958年、松竹大船、監督・木下恵介)
 ◎サンダカン八番娼館 望郷(1974年、東宝、俳優座、監督・熊井啓)
 ◎恋文(1953年、新東宝、監督・田中絹代)
 ◎乳房よ永遠なれ(1955年、日活、監督・田中絹代)

 上映予定作品を一覧すると、よくも悪しくも(役柄がニンに合っていたかどうかの意味で)女優・田中絹代の足跡がよく分かるオンパレードで、トドメを刺すのは1974年の『サンダカン八番娼館 望郷』でおますやろか。それまで実年齢より若い役を演じることが多かった田中絹代が初めて実年齢に近い、それもきれいに化粧した役ではなく、よれよれのおばあさん役で登場してきたことに女優魂を感じたものでおます。
 その一方で、1958年の『彼岸花』あたりの田中絹代を見ていると、久しぶりの小津映画への出演だったためか、中流家庭のサラリーマンの妻という品のいい役ながら「天下の小津映画に出ているんだ」という気負いを感じてしまうのでおます。



 田中絹代は生涯、出身地である山口県・下関の言葉の訛りが消えなかったといわれとりますが、浪花千栄子も標準語を使っても関西訛りが消えなかった、生まれ育った土地の言葉が骨の髄までしみ込んでいた女優でございます。
 その関西弁を駆使した役で出ると時には主役を食ってしまうほどの怪演、珍演を披露した猛者で、それでいて決して主役の邪魔をしない、まさに名脇役のおばちゃんでございました。
 ◎花嫁会議(1956年、東宝、監督・青柳信雄)
 ◎猫と庄造と二人のをんな(1956年、東京映画、東宝、監督・豊田四郎)
 ◎裸の町(1957年、東京映画、東宝、監督・久松静児)
 ◎東北の神武たち(1957年、東宝、監督・市川崑)
 ◎駅前旅館(1958年、東京映画、東宝、監督・豊田四郎)
 ◎貸間あり(1959年、東京映画、東宝、監督・川島雄三)
 ◎江戸の悪太郎(1959年、東映京都、監督・マキノ雅弘)
 ◎こつまなんきん(1960年、松竹京都、監督・酒井辰雄)
 ◎河内風土記 続おいろけ説法(1961年、宝塚映画、東宝、監督・佐伯幸三)
 ◎女ばかりの夜(1961年、東京映画、東宝、監督・田中絹代)
 ◎悪名(1961年、大映京都、監督・田中徳三)
 ◎小早川家の秋(1961年、宝塚映画、東宝、監督・小津安二郎)
 ◎今年の恋(1962年、松竹大船、監督・木下恵介)
 ◎丼池(宝塚映画、東宝、監督・久松静児)
 ◎三匹の悪党(1968年、日活、監督・松尾昭典)

 以上の16作品が今回の浪花千栄子特集に予定されている映画群でおます。
このラインナップを見た時、浪花千栄子の映画なら小津安二郎監督の『彼岸花』(1958年、松竹大船)や溝口健二監督の『祇園囃子』(1953年、大映京都)が入ってへんねんと思ったのでございますが、『彼岸花』はほぼ同時期の田中絹代特集で、『祇園囃子』はカドカワの溝口&増村特集で取り上げられていますねんな。
 戦後、まだ日本の映画会社が6社もあり、俳優たちもどこかの映画会社に所属し、映画産業と呼べる産業部門が成立していたころ、浪花千栄子はフリーの女優として映画各社の映画に顔を出して関西弁の芝居を得意とし、あくどいばかりの個性を発揮していたのでおますが、特集で取り上げられている作品以外にも浪花千栄子を楽しめる映画は無数といっていいほど存在しているのでございます。
 ちなみに、くだんの江戸在住の友達は、四国のうどん屋の女将としてたった一場面に顔を出している木下恵介監督の『二十四の瞳』(1954年、松竹大船)が印象に残っていると申しているのでございます。



 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。