2015-09-28

久しぶりの「博奕打ち 総長賭博」の疑問

                         総長賭博2120118

 鶴田浩二といえば、僕ら世代には東映任侠映画のトップスターという認識で、少々ウルサ型のおっちゃんで若いころから女性との浮名が絶えなかった典型的な昔のプレイボーイスターでおましたが、僕より年下の友達は任侠映画以降のNHKのテレビドラマで警備員やクリーニングのオヤジといった渋い感じの壮年というイメージが強いそうでおます。そのドラマは今、CSで流れており、僕は観ることはおませんが(観る必要もないかと思っているのも事実)、世代によってイメージが異なるということは、まさに「じぇねれーしょんぎゃっぷ」というものでおます。

 それはさておき…………。

 久しぶりに訪れた書店で見つけたディアゴステーニ発の東映任侠映画傑作DVDコレクション16の「博奕打ち 総長賭博」。
 即買いでおました。
 まさに鶴田浩二主演の、まさにやくざ組織の内部争いのやくざ映画でおます。のちに名コンビとなった監督・山下耕作、脚本・笠原和夫で誕生したのは1968年1月。当時、全盛を極めていた東映任侠映画の正月用作品として封切られたのでおますが、公開当時はさほど問題になることもなく、多くの同種の映画群に埋もれれていたのでおますが、かの三島由紀夫が絶賛し、70年代に入って若い映画評論家の中から再評価の声が上がるや、いつの間にか、加藤泰監督の「明治侠客伝 三代目襲名」(1965年、これも鶴田さん主演の作品)とともに任侠映画のトップに位置する映画に出世したのでおます。

 この作品を初めて映画小屋で観たのは22歳の時でおます。ちなみに、併映は同じシリーズで刺青男が満載の小沢茂弘監督の「博奕打ち 一匹竜」(1967年)と佐久間良子の出世作で田坂具隆監督の「五番町夕霧樓」(1963年)。鶴田浩二の主演映画と佐久間良子の主演映画が同時上映なんて、ムニャムニャ……(笑)。
 それはさておき。
 購入したDVD「総長賭博」をおさらいのつもりで早速、デッキにかけたのでおますが、ちょっと疑問に思う箇所が出てまいりました。
 作品にイチャモンを付ける気は毛頭おませんが……。

 ラスト、一連の揉め事を画策していた叔父貴筋の親分(金子信雄)を刺殺した鶴田浩二が、やり終えた感の表情を捉えたショットで映画は幕になるのでおますが、そのショットにかぶる判決文のナレーションを聞いて「はて……?」となったのでおます。
 ナレーションは、この後の公判で下されたであろう判決文でおますが、その中で主人公の職業を読み上げる下りで『職業 博徒』とおました。あれ、博徒って職業なんかいな? と疑問が浮かんだのでおます。主人公は無職渡世(ぶしょくとせい)の徒で、つまり、やくざ。やくざが職業って聞いたことおません。

 加藤泰監督の「緋牡丹博徒 お命戴きます」(1971年)で、ヒロインのお龍(藤純子)が陸軍大臣(石山健二郎)に面会を求めたシーンで、大臣の副官(五十嵐義弘)から「職業は?」と高圧的に尋問されるところで、やくざであるお龍に応えられるべき職業があるはずもなく、お龍は消え入りそうな表情で「無職渡世でございます」と答えております。
 判決文で堂々と『職業 博徒』って、官は被告人の職業をよく調べたの? でおます。映画の最初のほうで鶴田の子分(曾根晴美)と預かり中のやくざ(三上真一郎)が土木現場でトラックの荷台に乗っているシーンが出てきますが、とすると、鶴田浩二の親分は表向き、土木請負を職業にしていたと考えられます。ならば、土木請負業という、ちゃんとした職業があったやないかでおます。

 さらに出てきた疑問は、鶴田の女房(桜町弘子)の去就でおました。



 



               

                   総長賭博1120118
 
 鶴田親分の女房、つや子はよくできた女(おなご)でおます。良妻然としており、一家を束ねる夫をよく助けているばかりでばく、子分たちの面倒見もいい姐さんでおます。夫と義兄弟の弟分(若山富三郎)との揉め事を心配しつつ、けっして前へ出るようなことはおませんのですが……。
 その若山がやくざ世界から破門になり、若山の子分で、弟分が服役中、預かっていた三上真一郎が新たに次期総長となった男(名和宏)を襲ったことから、問題は大きくなり、鶴田はその調停に乗り出すのでおますが、鶴田の留守中、一家に逃げ込んできた三上を若山が取り戻しに現れ、一触即発の中、若山に三上の身柄を託した後、つや子は風呂場で手首を切り、自死して果ててしまいます。
 なんで、つや子は死ななければアカンかったのか?
 
 ここで、この女の行動がわかりまへん。
 この作品の製作当時、監督の山下耕作も疑問だったようで、脚本の笠原和夫と何度も話し合いを重ねたそうでおます。「やくざの女房は普通の男の女房とは違うんだ」と言う笠原に対して、納得がいかない山下耕作は演じる桜町弘子の意見を聞いたところ、「私なら理解できる」という意見だったので、撮影は進められたそうでおます。
 後年、この作品が舞台化されることになり、舞台の演出をすることになった山下耕作はやはり納得がいかず、同じ役を演じることになった桜町に再度、意見を訊いたところ、「私はできない」と以前とは真逆の答えだったそうでおます。桜町は映画当時は独身で、舞台化の時は結婚を経て離婚をしており、『女優さんの感性の違いに驚くしかなかった』と笠原和夫はその著書(「鎧を着た男たち」)で述べております。
 
 つや子が自らの命を縮めたことは、渡世内での夫の立場が悪くならないよう、夫に代わって自ら制裁を科したことは頭では分かるのでおますが、映画ではこの女の出自についてはいっさい触れられておりません。わずかに夫婦の会話の中で、つや子は「私たちのように気がついたら夫婦になっていた、というんじゃかわいそうだもん」と愚痴をこぼしていますが、多分、この女は水商売(芸者か娼婦の類)を経験してきた女だと推測されます。やくざとお水系のカップルはよくあることでおますが、笠原の言うように「やくざの女房は一般とは違う」のかもしれまへんが、その潔さ、立居振舞はまるで武家の妻のようで、凡夫の理解の及ぶところではおません。



 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事