--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-14

チラシを見ても映画を観たことにはならねえ28

                   チラシ 140814鈴木&戦前映画
 
 お江戸のお友達から、いつものようにチラシが送られてきたので盆休みの中、送られてきたチラシを眺め、まさに「チラシを見ているだけでは映画を観たことにはならねえ」でおます。だったら、映画館に行けばいいのに・・・と声が上がってきそうですが、相変わらず食指が動きまへん。

 もう終わった特集でおますが、先月の池袋の名画座で「追悼上映 鬼才鈴木則文」がおました。
 『鬼才』だなんて、あちらの世界に行ったからといって急に持ち上げんなよ。
 鈴木則文映画は喧操、猥雑、卑猥、詩情が混とんとした作品群でおました。師匠筋にあたる加藤泰が時代劇映画の昔から「トーエイ映画」の王道から常に外れていたのと同様、鈴木則文も主力商品の作り手から外れまくったゲリラの急先鋒で、オモチャ箱をひっくり返したような映画をエロチックさで包み込んで観客を愉しませた監督でおました。
 かつて藤純子の「緋牡丹博徒」シリーズのパンフレットを製作した時、同シリーズを監督した加藤泰、山下耕作、小沢茂弘ともども、鈴木則文にもインタビューを申し込んだことがおましたが、『花火師は夜空に花火を打ち上げた後、もうその花火のことは忘れているのではないでしょうか』という丁寧な返信を貰ったことがおました。
 譬えが詩にくるまれておりますな。
 あちらの世界に引っ越して、ちょうど3カ月。遅ればせながらご冥福をお祈りします。

 阿佐ヶ谷では現在、「戦前日本SF映画小回顧」が上映中でおます。
 断片ながら伊丹万作監督の「國士無双」(1932年)やマキノ正博監督の「續清水港」(1940年)というチョー高名映画から、尾上松之助の無声映画、併合される以前の大都映画から弱小映画会社の極東キネマの映画まで、「よ~ぉ残ってたな」と驚きでおます。SF映画というより、からくり映画といったほうがぴったりな無声映画時代の忍術物から明らかに外国映画の影響を受けて製作されたと思われる現代劇作品まで、ごった煮のごとき特集でおます。
 極東キネマといえば、かつて在籍していた新聞社で同キネマの時代劇の監督だったというおじさんと机を並べたことがあったのも今は昔でおます。

                       チラシ 140814戦争映画

 池袋でお盆すぎまで上映中なのが、戦争映画、もしくは関連する映画を集めた「8・15終戦の日によせて反戦・社会派映画特集」でおます。一部の例外を除き、選ばれた映画いずれも昭和時代に製作された映画ばかりで、平成生まれの戦争映画がないというのも不思議なもので、われわれはいつはまで昭和に頼っているのでおますんやろね。もうそろそろ、昭和の視点でない現在の視点から描いた戦争映画が登場してもよさそうなものなのに。現政権が推進しようとしている「戦争ができない国から戦争もできる国へ」の動きにも時宜がかなっていると思うのでおますが、21世紀の現在、20世紀末期だった昭和よりも『見ザル言わザル、聞かザル』の風潮がはびこっているようで、危ないことには手は出さない映画界なのか、資金がないから手が出せない映画界なのか、それとも関心をなくしてしまった映画界なのか・・・・。


                        チラシ 140814中村登

 渋谷では往年の松竹大船映画の代表監督の作品24本を集めた「甦る中村登」が上映中でおます。
 今の時代、「中村登??」となるのが正直な反応でおますやろうけど、一貫して現代劇で女と男の妙を描いた人で、さすがに女性王国だった映画会社の監督らしく、登場している若い女優さんたちを綺麗に撮ってはります。綺麗だけど、内容的には「綺麗な花こそ毒がある」というものでおます。松竹を離れた晩年、綺麗だったおばさんたち3人(三益愛子、田中絹代、木暮実千代)の映画「三婆」(1974年)を残しているのは彼の映画人生の皮肉かいな?

 その松竹大船映画を集めた特集が、阿佐ヶ谷の「庶民の笑いと日常と 松竹大船撮影所」でおます。
 戦前、戦中、戦後から70年代中期までの佳品24本の上映で、木下恵介、清水宏、中村登、大場秀雄、渋谷実、野村s芳太郎、山田洋次、番匠義彰など松竹映画定番の監督の作品から松竹時代の川島雄三のほか、生駒千里。市村泰一、酒井欣也、水川淳三など定番になれなかった監督の珍しい作品もおます。

                      チラシ 140814若大将

 神保町では「祝・喜寿 加山雄三映画祭」でおます。
 昭和の若大将も御年77歳でおますねんな。今でも時折、テレビで「幸せだなぁ~僕は」など、往年のヒット曲の間奏でテレながらセリフをつぶやいてはりますが、スズメ百まで踊り忘れずの例え通り、今なお青春やってはるおじさんでおます。長年連れ添った奥さんの松本めぐみとは「卒婚」とかで、残りの人生、自由気ままに過ごしてはるそうな。
 そんな「今でも青春」の加山雄三の映画16本を集めた特集上映で、今時のJ事務所所属のアイドル主演映画も真っ青の昭和のチャラいアイドル映画「若大将」シリーズ以外に、本格的俳優を目指した成瀬巳喜男監督の「乱れる」(1964年)や「乱れ雲」(1967年)は主演の高峰秀子や司葉子に助けられ、孤独な青年像を演じ、ええ味を出してはります。黒澤明監督の「赤ひげ」(1965年)はまだまだ生硬な感じが青臭い見習い医師にぴったりだったし、堀川弘道監督の「狙撃」(1968年)や西村潔監督の「豹(ジャガー)は走った」(1970年)は、おじさんが持つぶっきらぼうさが生かされたハードボイルド映画でおます。
 若大将映画?? リアルタイムで観た時、チャラチャラしていて居眠りしていました(笑)

 「石橋よ、お前もか!」なのが、池袋で今月後半に予定されている「石橋蓮司映画祭」でおます。
 今、映画・テレビを通じてちょこっと出の脇役の代表選手といえるほど、よく顔を出してはります。子役から出発し、昨年、久しぶりに観た「網走番外地 悪への挑戦」(1967年、監督・石井輝男)では同世代の前田吟とともに不良少年を演じており、「時代は流れた」でおました。そんな石橋おじさんが出演した20本の作品が集められておりますが、脇役として重宝されている割には「軽いなぁ」というのが感想でおます。あちこち出過ぎているからやろか?


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。