--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-07-20

チラシを見ても映画を観たことにはならねえ27

                        チラシ雷蔵 140715

 日々の蒸し暑さに咲く市川雷蔵の涼やかな表情……。
 いつもお江戸の名画座で上映される映画群のチラシを送ってくれているお友達さんが、まだ江戸に移住する前、何を思い立ったか、彼と京都で活躍した映画の先人たちの足跡を求めて「映画紀行」を敢行したことがおました。
 ひっそりとした公園の木立の中に建つ尾上松之助の胸像、等持院境内にそそり立つようなマキノ省三の銅像、その墓地に眠る息子のマキノ雅弘の墓碑、今は息子(田村高広)も眠っている阪東妻三郎の墓碑、亡くなってなお火宅の人だった片岡千恵蔵の墓碑、仁和寺近くの今は空き地となり、まさに『兵どもの夢の跡』のようだった伊藤大輔の住居跡などを掛け足で巡ってきたのでおます。
 「雷蔵の住んでいた家を見に行こう」
 お友達が急に言い出たのも、この時のことでおます。、「へぇ、そんなのが残っているの?」と思いながら、『京都映画人案内地図』に詳しいらしいお友達に連れられ、ノコノコ探索? してきたこともおます。
  かつて一世を風靡した時代劇の大スターが住んでいた住宅だから、どんなに瀟洒な住宅なんだろうと勝手に想像していたら、着いた先は古くからの住宅が密集した一角でおました。栄光の大スターが住んでいたという住宅は車一台がやっと通れるような、まだ町が人間仕様で造られていたころの道路沿いに建ち、もちろん、今は雷蔵とは無関係の人が住んでいるので外観を見るだけでおましたが、大スターが住んでいた40数年前はまだまだ現在の車社会でなかったことを彷彿させたものでおます。

 東京では、またもやの雷蔵映画の上映会でおます。しかし、先の大戦中に誕生した大映の膨大な映画の権利が大映の完全消滅後、角川さんちに移譲されて初の本格的な雷蔵映画祭りではないのかな?
 かつて大映所属の雷蔵は東映所属の大川橋蔵、中村錦之助(のちの萬屋錦之介)、東千代之介と並び、「二スケ二ゾウ」と並び称されたことがあり、それだけでこの4人が当時の若手時代劇スターとして人気があったことがしのばれます(のちに名画座特集で謳われることになる雷蔵と勝新太郎を合わせた『カツライス』という惹句はまだこの当時はなく、勝新太郎も大映時代劇の主演スターでおましたが、人気は今イチで彼ら4人より出遅れています)。
 雷蔵の強みは一部の例外があるにしろ、ほかの3人が時代劇オンリーに生きたのに比べ、単に時代劇スターとしてだけでなく、現代劇にも活路を見出していたことでおます。「破戒」や「ほんち」といった雷蔵特集では必ず入っている作品はもちろん、今回はシリーズ第1作の「若親分」や「陸軍中野学校」「ある殺し屋」も今回は入っており、欲をいえばデビュー作の「花の白虎隊」が入っているなら不況にあえぐ大映が東映のやくざ映画全盛の影響を受け、既に病を得ていた雷蔵の最後の作品となった「博徒一代 血祭り不動」もほしかったところ。

 大映つながりで神保町で既に終わってしまった「にっぽん男優列伝 大映篇」も面白そうな特集でおました。
 雷蔵ばかりが大映映画じゃないよとばかり、時代劇の変化球でブレイクした勝新太郎、その勝新と時代劇でも共演している田宮二郎、新東宝の熱血漢のイメージまんまだった宇津井健、ねじ曲がった若者像を体現した川口浩、映画よりもテレビで人気が出た川崎敬三、後年は劇団新派のおじさんいなった菅原謙二、いろんな役を演じつつ、今ひとつブレイクせず、知的な中年男性のままだった根上淳、好人物のイメージながら暗い役柄も得意とした船越英二、歌舞伎を捨てた時代の軽妙洒脱な中村鴈治郎などの映画が並び、面白いのはこれらの男優陣の映画で若いころの京マチ子、若尾文子、江波杏子らから今は忘れ去られた長谷川待子、中田康子、万里昌代、近藤恵美子などの名花も見られたことでおます。
 

                        チラシあかね 140715

 阿佐ヶ谷の名物企画「昭和の銀幕に輝くヒロイン第73弾」は、永遠の白雪姫、吉永小百合でおます。
 大映とともに映画市場からその名が消えて久しい日活で製作された小百合の主演映画9本が集められとります。清く、正しく、明るい、どんな困難があっても健気に生きる彼女のイメージは日活時代に形づくられたもので、今もなお昔のイメージで映画に出演している吉永小百合は、稀有な女優でおます。
 そういえば「小百合の実年齢の役を観てみたい」と言ったのは、江戸のお友達さんだったか?
 怒られまっせ! 小百合に年齢はおませんのやからね。

 日活つながりでおますが、同じ阿佐ヶ谷の特集は日活映画の記録係だった「映画のすべてを記録する白鳥あかね スクリプター人生」でおます。
 最近、彼女の映画人生を紹介した書籍が刊行され、映画の記録係は重要なパートで、紹介タイトルでも決して粗略に扱われていませんが、監督はもちろん、脚本家やカメラマンなどに比べると一般に注目度が高いとは言われしまへん。
 とはいえ、名画座の特集にいよいよスクリプターまでが登場したとなると、名画座の企画も底を尽いてきたかな? と妙な勘繰りも・・・・・・・。
 日活の製作再開時からアクション映画、やくざ映画、ニューアクション映画、ロマンポルノ映画など多彩に活躍した一人のsクリプターの軌跡が30数本、上映されとります。

                       チラシ渡瀬 140715

 神保町で上映されていたのが、たくましく生きる女たちを主人公にした「愛の神、降臨 エロスのある風景」でおます。
 並んだ作品16本を総覧すると。男たちに手玉に取られているかのように見え、しっかり男たちを手玉に取っているヒロンがズラリ。こんな映画の代表格ともいえる京マチ子の「牝犬」から京マチ子に続く若尾文子の「獣の戯れ」や「不倫」、プレイボーイ梅宮辰夫との騙し合いが面白い緑魔子の「かも」、まだ年下の男に去られる以前の小柳ルミ子の「白蛇抄」、懐かしや中川梨絵の「(秘)女郎責め地獄」などなど、女たちが生まれてきた以上生きなければならない環境を懸命に生き抜いているのでおますな。

 阿佐ヶ谷で10月まで上映中が「渡瀬恒彦 狂犬NIGHTS」でおます。
 渡哲也の実弟にしてサラリーマンから俳優に転身して、早くも45年。狂犬というより、かつては剥きだしの欲望、はけ口のない狂気のチンピラを得意とした渡瀬も今ではすっかり「ええおっちゃん」になり、テレビで見せる穏やかな演技力は相変わらずの兄貴より数段、上を行っとります。
 そのチンピラ役を得意とした時代の9人の渡瀬恒彦が観られるのがミソでおますな。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。