--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-09

映画館から遠く離れて……

             仇討140130
             今井正監督「仇討」

 訳あって映画館がか足が遠のいて、随分長い時間が経ち、遂に今年に入って一度も映画館には行っていないのが現状でおます。2014年になって3カ月、わずかの間に今年も話題作、ヒット作、失敗作、凡作など、いろいろ映画市場に出回っておりますが、すべて我が目の前を素通りでおます。いや、賭け事のように自分に回ってきた札をすべて流している、というべきか。

 そんな中で、面白いのが「テレビ名画座」でおます。レンタル店に行くのも面倒だし、それに観落とした作品のソフトをレンタルしてこようと思えば、ボクの場合、公開された映画のすべてを借りてこなければならず、そんなこと、出来まへん。
 そこで登場するのが、これまでにテレビ録画して溜めに溜めたビデオテープの映画群で、これに市販のビデオソフトが加わります。今や、ビデオテープではなく、DVDの時代でおますが、間の悪いことにDVDデッキが持ち主の言うことを聞かなくなり、新しいデッキを購入しない限り、手持ちのDVDソフトもお預け状態というありさまでおます。
 DVDに比べれば、ビデオテープは画面の鮮明度は格段に違い、何のことはない、DVDが一般化する以前の旧石器時代に生きているがごとしでおます。

 「静かなる決闘」「仇討」「恋風道中」「鮫」「湖の琴」「ちいさこべ」「冷飯とさんとちゃん」「魔像」「黄金孔雀城」4部作「骨までしゃぶる」「明治侠客伝 三代目襲名」などなど、ほんの一例でおますが、いずれも酒の友としてビデオを回している昨今でおます。
 新作映画を観ていないのなら、これらのソフトで観た映画群の感想を述べようかと考えていた矢先、いつものように江戸に住まいするお友達さんから彼の地の名画座のラインアップを飾る映画のチラシが送られてきました。
 東北の地震・津波・原発事故から、まもなく3年。
 あの地震のあった日に江戸にお友達が移住してから、もう3年でおます。


              
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この欄ではご無沙汰でございます。

かの地は何十年振りかの大雪に見舞われ、今だに所々にうず高く積もった雪が、黒い塊となって残っています。

とにかく寒すぎで、余程の用事がない限り、外出する気が起こらず、何本も映画を観逃しております。

それでも事件記者シリーズを楽しみに阿佐ヶ谷方面には出向いたものです。

その分、家に居ることが多く、料理の腕は多少なりとも上達しました。

春になればいい事でもありますかねぇ。それにしても。
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。