2013-09-26

錦之助よ 永遠なれ!

              遠州森の石松101230
               「清水港の名物男 遠州森の石松」

 熱狂的な中村錦之助(後の萬屋錦之介)ファンの背寒さんの『錦之助ざんまい』によると、今年、東京・池袋の新文芸坐で11月11日から25日まで開催を予定している錦之助映画の上映会「錦之助よ 永遠なれ!』の上映プログラムがほど決まったようでおます。
 といっても、花のお江戸でおますから、ボクはおいそれとは気軽に東下りはできまへんけど。
 全20作品。錦之助が最も「中村錦之助」として時代劇俳優だったころ(1956~65年)の作品を中心に今や地元の京都で祭りの時期に年一回繰り返し上映されている「祇園祭」や唯一の現代劇で美空ひばりと共演している「海の若人」、やくざ映画全盛に突入する東映と所属俳優として折り合いを付けた「花と龍」なども含まれているようでおます。

               弥太郎笠111202
                「弥太郎笠」
     
◎弥太郎笠(1960年、監督・マキノ雅弘)
 先日まで上映されていた『「大衆文芸の父 長谷川伸と股旅映画の世界』でマキノ雅弘監督の「やくざ囃子」(1954年、東宝)を観たらしい、いつもチラシを送ってくれるお友達さんが『マキノはお面、伊藤大輔は御用提灯が好きなんですなぁ』とメールを寄越してきましたが、恋があって祭りがあってのマキノ映画、とりわけ時代劇では「お面」が欠かせない必須アイテムなんでおますな。
 だって、テレやのマキノさん、好きな相手の顔を見て「アイ・ラブ・ユー」なんて告白でけしまへん。かつてマキノ雅弘の自伝をドラマと資料解説でたどったバラエディ番組で森繁久弥が証言していたことでおますが、『次郎長三国志』(東宝版)の撮影中、宝塚出身の越路吹雪(森繁の記憶違いで久慈あさみではなかったか)に自分の恋心を石松役の森繁に打ち明ける演技をさせたところ、ストレートに表現したため、マキノはストップをかけ、「直球で好きな男に近寄っていくのは外国の女、日本の女は好きであればあるほど相手から離れた位置にいる」と演技指導したそうでおます。
 マキノが好んだ「お面」も同じことでおます。目と目が見つめ合い、とてもストレートに愛の告白なんてでけしません。そんな時、照れた気恥かしい気持ちを隠すために登場するのが「お面」でおました。
 やくざの親分だった父親(大河内傳次郎)を非業のうちに死なせ、独りぼっちになった娘(丘さとみ)を救うため、その一家に投宿したことのある旅人(中村錦之助)が親分の仇を討つ話で、好き合った同士の旅人と娘の恋模様は現代からみれば実にまどろっこしい感じでおますが、マキノ雅弘の恋愛学の見本のような映画でおます。

◎清水港の名物男 遠州森の石松(1958年、監督・マキノ雅弘)
 金比羅代参の旅に出た森の石松(中村錦之助)が薄幸の女郎(丘さとみ)と出会い、何にもできずに一夜を過ごすというラブストーリーでおます。ラブストーリーでありながら清水港を船出する石松が船に乗り込むまで清水の宿場の人たちの見送りを受けながらのんきに歌を歌ったり、一夜明けた女郎屋の二階から石松が庭に集まった女たちに猿踊りをしてみせたりと、マキノお得意のオペレッタ映画でもおます。
 それにしても全編語られるのは恋のお話ばかりでおます。主人公の石松がいい女に惚れられることを目指しているためでもおますが、冒頭の清水港の次郎長一家の面々との話題も女の話ばかりでおますし、「お藤ってんだよ。俺が死んだら泣いてくれるさ」と夜の藤棚の下で旅先で知り合った気のいい旅人(東千代之介)との会話も恋人の話、石松が投宿した見受山一家での話題も何もしないまま別れてきた女郎の手紙をめぐる女の想いの話と、まさに石松は女を求めてやまない若者に見たてた青春映画でもおますな。
 マキノの東宝版『次郎長三国志』シリーズの8作目「海道一の暴れん坊」(1954年)を独立させた作品で、マキノの話によれば当時、所属の東映社長(大川博)に「どうしようもない女優」として忌避されていた丘さとみを演技開眼させたことでも知られています。ホンマ、石松がふと立ち寄った女郎屋で障子の蔭から登場する丘さとみのはかなさぶりは凄おます。この映画ではラスト、石松の閉じた片目が開くのでおますが、マキノが開眼させたのは石松ばかりではなかったのでおますな。

◎祇園祭(1968年、監督・山内鉄也)
 所属していた東映を離れて3年、錦之助が「日本映画の復興のために」と心血を注ぎ、独立プロを起こして製作した超大作でおますが、企画段階からプロデューサー、監督の降板、撮影段階の暴力団の横やりと何かと物議を醸した映画でおます。で、完成した映画は? 残念ながら壮大なる退屈な作品になっちゃいました。応仁の乱当時の京都を舞台に京都町衆の底力を結集させ、今に続く祇園祭の実施に奔走する若者のお話でおますが、相棒役の三船敏郎、田村高広をはじめ、美空ひばり、高倉健、北大路欣也、渥美清など、それこそ錦之助の人脈の底力を見せたようなスターがご祝儀出演していますが、ラスト、反対派の矢を受けながらも山車に乗って祭りを先導する主人公の雄姿に「錦之助がやりたかったのは、このヒロイズムだったのか」と思わせる作品でおます。

◎若き日の次郎長 東海の顔役(1960年、監督・マキノ雅弘)
 東映時代劇映画の一方の若手スターとして成長していたころの錦之助映画でおます。侍からやくざ、大阪商人、果ては坊主の役まで何でもござれで、もう一方の東映城の若殿、大川橋蔵と人気を二分していたころでおます。3作製作されたシリーズの最初の作品で、米屋の跡取り息子が米騒動を機にやくざになる、いわばサクセスストーリーで、やくざになることがサクセスストーリーというのもおかしな話でおますが、米屋の息子がやくざになる動機もちゃんと語られております。
 恋女房のお蝶には、当時の錦之助の相手役として最も共演が多かった丘さとみがホンワカ演技で扮し、米騒動の犠牲になって父親(原健策)が切腹をして果て、倫落する武家娘(大川恵子)と追われて娼家に逃げ込んだ主人公との再会が泣かせとります。

              笛吹童子120203
              「笛吹童子」

◎笛吹童子3部作(1954年、監督・萩原遼)
 1951年の会社創立以来、経営難にあえぐ東映に彗星のごとく出現した若者2人ー中村錦之助、東千代之介でおます。北村寿夫原作でNHKの連続ラジオドラマを子ども向けに映画化したもので、上映時間1時間に満たない中編3本を連続上映し、子どもたちの足を映画小屋に向けさせ、おかげで東映は経営難を脱却。子どもたち相手の映画では付き添いの保護者の入場料金が期待できます。以後、この商法は東映まんが祭りに踏襲されることに……。
 とはいえ、ボクは残念ながら笛吹世代ではおません。それまで伝説だったこの「新諸国物語」映画を初めて観たのは1970年代中期のことで、東映自身による復刻上映でおました。凛として爽やかな、まだ滑舌に難が残る錦之助、おっとり物静かな千代之介は、これ以降、「新諸国物語」映画にまい進、童子物映画といわれた時代を経て多くの映画で共演し、錦之助はきらびやかな大スターに、千代之介は地味めのキャラが災いしてか地道な時代劇スターとして成長した別れ道の果ては2人の最後の共演映画「沓掛時次郎 遊侠一匹」(1966年、監督・加藤泰)に顕われていたようでおます。

◎青春航路 海の若人(1955年、監督・瑞穂春海)
 錦之助唯一の現代劇ながら観てまへん。従って、どんな映画なのかわからしません。後に錦之助は「森の石松鬼より恐い」(1961年、監督・沢島忠)で次回作に悩む舞台演出家、「武士道残酷物語」(1963年、監督・今井正)で冒頭部とラストにスーツ姿の現代青年を演じ、ズラのない映画には出ているのでおますけどね。





              ゆうれい船110202
               「ゆうれい船」

◎ゆうれい船前篇・後篇(1957年、監督・松田定次)
 「笛吹童子」に始まり、「紅孔雀」「ヒマラヤの魔王」などと続いてきた錦之助の童子物映画の最終作品とされている映画でおます。リアルで観たと記憶の断片が残っているということは、ほんのガキだったボクは映画小屋へ足を向けていたのでおますな。
 偉大な父(大河内傳次郎)を海で亡くした少年次郎丸(中村錦之助)が海族の若者(大友柳太朗)に助けられ、謎の姫君(長谷川裕見子)などと出遭いながら大きく成長していく大佛次郎原作の海洋冒険譚でおます。右を向くとも左を向くとも知れなかった「笛吹童子」当時はモノクロ映画でおましたが、東映時代劇の大御所監督、松田定次の映画で東映中興の祖の一人、大友柳太朗が助演に回っているためか、総天然色映画でおます。
 それにしても、錦之助と敵対する若者が原健策、神出鬼没のオカッパ頭の少年が三島雅夫だなんて、不思議な映画でおますな。

◎殿さま弥次喜多 怪談道中(1958年、監督・沢島忠)
 東映時代劇映画のヌーベルバーグ監督といわれ、若手の旗頭だった沢島忠も既に齢を重ね、現在80代後半でおます。今では錦之助映画やひばり映画の語り部のような存在でおますが、年齢も近かったせいか、錦之助、橋蔵の主演映画を数多く残してはります。
 その沢島忠による錦之助の新シリーズ第1作でおます。シリースといっても3作品しか製作されてまへんが、大名の跡継ぎ息子が窮屈な城を飛び出し、弥次喜多道中を繰り広げるというお話は昔からよくある映画で、このシリーズでは錦之助は尾張徳川の跡継ぎ息子に扮し、弟の中村加津雄(現・嘉葏雄)が紀州徳川の若様を演じております。世間知らずのこの2人が汚濁にまみれた下々の世界に紛れ込んだために起こるスラップスティック風ドタバタ時代劇で、回を追うごとに面白さは倍加。最高傑作は美空ひばりが瓦版屋(今の新聞社)の娘、丘さとみが焼き芋屋のねえちゃんに扮した最終作の「殿さま弥次喜多」(1960年)でおますが、当時のほかの沢島映画同様、登場人物たちは忙しく走り回り、カメラアングルはシャープ、奇抜でおます。

               男の中の男一匹120102
                「一心太助 男の中の男一匹」

◎一心太助 男の中の男一匹(1959年、監督・沢島忠)
 モノクロ版「一心太助 江戸の名物男」(1958年)で始まった錦之助の一心太助シリーズの3作目。軽快なテンポで登場人物たちが動き回り、錦之助が誰よりもけたたましく威勢がよく、監督の沢島忠の若い力量への注目が集まって評価の高かった2作目「天下の一大事」(1958年)から一転、太助の江戸の町にはびこるワル退治は変わらないものの、太助の困った時の駆け込み寺、大久保彦左衛門(月形龍之介)を失って、さぁどうすると思っていたら次に老中の松平伊豆守(山形勲)が助け船に控えていたという、お気楽なお話でおます。彦左衛門を失い、悲嘆に暮れる太助が夜の魚河岸をさまようシーンの石畳を映し出したショットが美しく、逆光で捉えたショットは工藤栄一より、はるか以前に登場していたのでおますな。

◎宮本武蔵 般若坂の決斗(1962年、監督・内田吐夢)
 錦之助が内田吐夢と組んで年1作ずつ5年がかりで完成させた「宮本武蔵」シリーズの2作目。姫路城での幽閉を解かれた武蔵が映画の冒頭、「青春二十一、遅くはない」の言葉通り、青春の真っ只中にあった武蔵の武者修業が始まるのでおます。そして無頼浪人の出没で不穏な空気に包まれた奈良の町で武蔵の浪人退治が始まり、般若坂での浪人たちとのすさまじい死闘の末、武蔵の「殺しておいて何の供養か」の疑念も生まれるのでおます。浪人たちとの闘いがあるからこそ、映画の前半、武蔵が滞在することになった奈良の茶店の店先で乳飲み子の赤ん坊の子守をする老人(春路謙作)が居眠りをっしているという、うららかな春の日差しを思わせる平和なシーンが生きているのでおます。

◎花と龍(1965年、監督・山下耕作)
 錦之助が所属していた東映が時代劇の不振でやくざ映画の隆盛にあったころ、あくまで時代劇スターとしての矜持を保っていた錦之助の会社との妥協で生まれた映画でおます。藤田進版、石原裕次郎版に続く3度目の映画化で、青雲の志に燃えて四国から北九州へ出てきた主人公、玉井金五郎が次第に人望を集め、港湾荷役のリーダーとして成功していく人生を翌年に製作された続篇と合わせて描かれとります。前年、高倉健がやくざ映画のトップスターとなるきっかけとなった「日本侠客伝」にゲスト出演した錦之助は東映の「2人よしこ」の一人、三田佳子と夫婦役を演じとりますが、ここではもう一人の佐久間良子が女房役を演じ、のちに夫人となる淡路恵子(のちに離婚)が妖艶な彫り物師役で付き合っとります。

独眼流政宗111005
 「独眼竜政宗」

◎独眼竜政宗(1959年、監督・河野寿一)
 錦之助と監督の河野寿一との戦国物といえば山岡壮八原作の「紅顔の若武者 織田信長」(1955年)と「風雲児 織田信長」(1959年)が思い出されますが、ここでは信長にあらず、奥州の虎と呼ばれた伊達政宗の青春時代を演じ、戦国大名の跡継ぎ息子の雄々しさと苦悩を見せとります。父(月形龍之介)を敵側(山形勲)の策略で拉致され、やむなく父を射殺してしまう残酷な日々にあって苦悩する青年武将の慰めになったのがきこりの老人(大河内傳次郎)の叱咤激励とその孫娘(佐久間良子)の可憐さだったという東映時代劇ならではの平和ぶりでおます。政宗の婚約者(大川恵子)も出てきますが、政宗の眼中にないとあっては東映時代劇のお姫様女優もかたなしでおますな。

冷飯とおさんとちゃん111005
 「冷飯とおさんとちゃん」

◎冷飯とおさんとちゃん(1965年、監督・田坂具隆)
 「宮本武蔵」シリーズ(1961~65年)で内田吐夢と、「親鸞」(1960年)で田坂具隆と、さらには「武士道残酷物語」(1963年)で今井正とそれぞれ出遭い、すっかり芸術ずいてしまった錦之助の「鮫」(1964年)に続く5度目の田坂具隆とのコンビ作でおます。呑気な部屋住みの若侍の恋の話、性的な奔放さに悩む男の話、貧乏で大酒飲みでも家族に愛されてやまない職人の話のオムニバス映画3時間近い大長編ながら時代劇に固執する錦之助の思いと錦之助に求める観客の時代劇スター像に齟齬があったのか、興行的には大敗を喫し、以後、錦之助は再び刀を持って浪人(「丹下左膳 飛燕居合斬り」1965年)やくさ(「沓掛時次郎 遊侠一匹」1966年)を演じ、やがて、住み慣れた東映を離れ、広い世界に飛び立っていくことになります。

◎丹下左膳 飛燕居合斬り(1965年、監督・五社英雄)
 東映時代劇にあって大友柳太朗の持ち役だった丹下左膳を錦之助が引き継いだ映画で、テレビ時代劇「三匹の侍」で名を馳せていたフジテレビのディレクター、五社英雄を監督として招聘。謹厳実直な若侍が藩命に忠実であったばかりに右目右手を失い、すっかりグレて市井の無頼の浪人に生まれ変わる左膳誕生秘話から説き起こしたこけ猿の壺騒動記で雄増す。初役とあって頑張る錦ちゃん、結構面白い映画に仕上がっているのでおますが、引き継ぎはこの1作きり。そういえば同じころ、鶴田浩二も片岡千恵蔵の「いれずみ判官」を引き継いどりますが(監督・沢島忠)、もはや東映式のチャンバラ映画は60年代中期を生きる人たちの心には響かなかったのでおますな。錦之助と櫛巻お藤役の淡路恵子との出会いの映画とされとります。

◎親鸞 正・続(1960年、監督・田坂具隆)
 戦前からの日活の監督だった田坂具隆が東映に移籍し、錦之助と組んだ坊さん映画でおます。浄土真宗の祖、親鸞の悩み多き青年時代を描き、正続に分かれた長編でおます。主役の錦之助が実際に坊主頭になったので千秋実以下、付き合う男性助演陣も髪を刈り、その一人だった故・尾上鯉之助によれば撮影期間中、撮影所内は坊主頭の俳優がゴロゴロしていたとか。親鸞は妻帯者でおますが、その奥さんになる貴族(千田是也)の娘を演じた吉川博子は東映京都の脇役女優だった五条恵子の妹で、この作品がデビュー作。「宮本武蔵」の入江若葉といい、錦ちゃんは初物がお好き?? ただ、入江若葉と違い、60年代初期の若手スターが集まった「新諸国物語 黄金孔雀城」(1961年、監督・松村昌治)や北大路欣也と共演した「葵の暴れん坊」(1961年、監督・山崎大助)など数本の映画に出とりましたが、表情、セリフともに硬く、やがて銀幕から去ってゆきました。

◎美男城(1959年、監督・佐々木康)
 柴田錬三郎の小説の映画化で、錦之助は柴田作品によく出てくるニヒルで憂愁の若い浪人を演じてはります。関ヶ原の戦い後、裏切り者としてののしられる父親(薄田研二)を持つロン毛、着流し姿の浪人が父親との確執を越えて父の汚名を雪ごうとする姿を父親の身の周りの世話をする娘(丘さとみ)、勝ち組となった徳川家康のもとに送られる姫君(大川恵子)、親友(徳大寺伸)の妹で、かつての婚約者(桜町弘子)の3人の美女を絡めながら描いとります。錦ちゃんは一心太助のようなけたたましくもやかましいアニイもできれば、口数の少ないニヒルな侍もできたスターだったんでおますな。
 丘さとみ、大川恵子、桜町弘子は当時「東映三人娘」といわれた若手女優でおますが、オールスター作品以外、3人が同じ映画に出ることは珍しく、同一シーンで顔を合わせることはなかったものの、3人が同じ映画で共演するのは松村昌治監督の婿取りコメディー「鶯城の花嫁」(1958年)以来のことでおました。

秘剣揚羽の蝶111207
 「源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽蝶」

◎源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽蝶(1962年、監督・伊藤大輔)
 源義経の末裔と称する白無垢、着流しの浪人を錦之助が演じた源氏九郎シリーズの3作目。前2作(1957、58年)の加藤泰に代わって大御所、伊藤大輔が監督したこの作品では錦之助が源氏九郎と権力階級を揶揄する長屋のおっちゃん、おばちゃんたちの先頭に立つやくざの若者の二役を演じており、丹波哲郎扮する遠山金四郎との出会いで、源氏九郎とやくざの若者が実は同一人物であることが明かされます。剛&柔の手だれの伊藤演出により、女賊の船宿の女将(長谷川裕見子)、小悪党の男(多々良純)、江戸へ送られる公家の娘(大川恵子)、その行列の差配で行列が襲われたことで死んだ父(香川良介)を持つカチカチに固まった武家娘(桜町弘子)などが入り乱れ、公家娘の持つ巻き物をめぐって争奪戦が繰り広げられてます。
 
浪花の恋の物語130701
「浪花の恋の物語」

◎浪花の恋の物語(1959年、監督・内田吐夢)
 時代劇映画で武家物を描く一方で、歌舞伎ネタの世話物も得意とした内田吐夢の歌舞伎ネタ系列の1作でおます。また、森の石松や一心太助などの威勢のいいにいちゃんを演ずる一方、織田信長や浅野内匠頭などの侍も剛軟とりまぜて演じていた東京生まれの錦之助が言葉の違う大阪商人も演じられることを証明し、新境地を開いた映画でもおます。サムライ役者が町人映画に主演するということは、演技の幅では先を走っていた大映の市川雷蔵を強く意識していたことも考えられますな。
 歌舞伎の「冥土の飛脚」や「恋飛脚大和往来」をもとにした梅川忠兵衛のお話でおますが、最初の錦之助夫人で梅川を演じた有馬稲子との出会いの作品でおます。

              反逆児130928
  「反逆兒」                           

◎反逆兒(1961年、監督・伊藤大輔)
 徳川家康と妻の築山御前との夫婦悲話を描いた大佛次郎の戯曲「築山殿始末」の映画化を企画した伊藤大輔が各社に売り込みをかけた結果、家康夫婦の長男、信康を主人公にするならという東映で日の目をみて映画化が実現した作品でおます。夫婦のいさかいと信長と家康との権力闘争の犠牲になる信康には当選、錦之助が演じ、「風雲児 織田信長」以来の戦国武将の映画でおます。錦之助の悲劇の武将ぶりもさることながら原作が戯曲であるせいか、多分に演劇的であり、当時、東映時代劇への出演は珍しかった杉村春子、岩崎加根子という新劇女優の丁々発止の女の闘いもみものとなり、伊藤大輔の戦後の最高傑作のひとつに数えられております。
 この作品との出会い以降、生涯、錦之助が私淑したという伊藤大輔の演出で錦之助は繰り返し舞台でも信康を演じとりますが、あちらの世界に旅立つ数年前、おそらく最後になっただろう舞台版「反逆兒」では錦之助は若く闊達な青年を演じるには時の流れを感じさせたものでおます。

 以上、新文芸坐で上映予定の魅惑の錦之助映画を駆け足で旅してみました。
 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事