--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-08

マクベスコンビの小品は「下町(ダウンタウン)」

             下町130608
              山田五十鈴(左)と淡路恵子

 少し前に東京在住のお友達さんから名画座で観たと聞かされ、もう一度観てみようと思っていた千葉泰樹監督の東宝映画「下町(ダウンタウン)」(1957年、脚本=笠原良三、吉田精彌)がようやく、わが「マイホーム名画座」で上映されました^^

 以前にも観たことがある1時間に満たない小品でおますが、映画というより、原作の林芙美子の短編小説を読んだのは、もう気が遠くなるほどの昔のことで、もちろん、そのころ、まだガキであった僕が十分理解しえたかというとあやしいものでおます。
 戦後の林芙美子は、あちらの世界に旅立つまでのわずか6年間に多くの作品を残しており、映画化作品としても大長篇の「浮雲」や一筆でさっと書き上げて円熟味を感じさせる「晩菊」、倦怠期の夫婦を描く「茶色の眼」(映画タイトル「妻」)、未完に終わった「めし」など、主に成瀬巳喜男監督の映画として有名でおますな。
 この「下町」も、当時、林芙美子がよく小説に取り上げていた戦争未亡人物の一種で、「下町」のヒロインは出征したままシベリアに抑留されている夫の帰りを待つ女性であり、戦争未亡人ではおませんが、戦争未亡人を主人公にした長篇「うず潮」もまた松竹で映画化(1952年2、監督=原研吉)されとります。

 夫の帰りを待ちながら、お茶の行商をして小さな子どもを育てている女と東京の荒川べりで鉄くず回収業を営む男のさりげない出会いからあっけない別れまでを描いた「下町」で主人公の男女を演じるのは山田五十鈴と三船敏郎でおます。
 この2人は同じ年の黒澤明監督の「蜘蛛巣城」や「どん底」のコンビでおます。「蜘蛛巣城」、あるいは「どん底」の製作が長期戦なんで、その合間にもう1本、山田・三船コンビで映画を、とプロデューサーの藤本真澄が考えたのかどうか、真相は知りまへん。



                




 劇伴を聴くまでもなく、タイトル音楽がいつもの曲調の伊福部昭のメロディーなので思わず身構えてしまいそうですが、映画はごく短いものでおます。しかし、映画よりも原作のほうがもっと短く、主人公の女の行動と思いを中心にしか書かれてないので、それだけでは1時間に満たない作品といえど、映画にならしません。
 あとは映画屋さんたちの御随に、というところでおますやろね。

 そこで考えられたのが、ヒロインのほうの掘り下げでおます。
 主人公の山田五十鈴は子どもを連れて、静岡の田舎から東京へ出てきとります。詳しい事情は説明されとりませんが、田舎では暮らしづらいわけがあるんでしょうな。しかし、時代設定は「戦争が終わって4年後」でおます。まだまだ戦後の混乱期が続いていたころでおますな。
 親子は山田さんの幼馴染みの村田知栄子の家の二階に間借りしとります。この村田さんがちょっと訳ありの女で、ろくに働きもしないで投機的なことばかりをしている亭主の田中春男がありながら、役所の吏員か議員っぽい多々良純と仲良しでおます。しょちゅう、亭主の留守に多々良さんは村田さんちに来てますが、二階に住む山田さんを狙っとります。

 同じく二階に間借りしている女に淡路恵子がおり、彼女は結核で診療所に入っている夫の治療費を稼ぐため、こっそり売春をしてはります。村田さんはそれを承知で部屋を貸しており、そのかわり、淡路さんが客を連れてくるたびに部屋代とは別に上前をはねているというちゃっかり、しっかりのおばさんで、いかにも村田知栄子らしい役どころでおます。

 山田さんは淡路さんとは仲がよく、時間があると淡路さんの部屋でコーヒーを御馳走になっていますが、淡路さんの売春については自分はとてもできないことながら「女が一人で生きていくには」という点において、夫の治療費のためということも分かっているので同情もしております。
 コーヒーを飲むシーンで淡路さんの部屋の机には当時としては珍しいであったろう洋物の缶なんぞが並んでいるので、淡路さんの稼ぎもまんざらではないことをうかがわせます。

 山田さんは子どもとこんな環境で暮らしているのでおますが、ある日、淡路さんの闇売春が警察にばれたことで、すべてのことが急転直下、終息に向かっていきます。
 淡路さんは管理外の売春婦が検査のために集められている吉原病院(溝口健二監督の「夜の女たち」で田中絹代がお世話になる病院と同じようなところ)へ収容され、田中・村田夫婦は売春斡旋容疑で事情聴取。旦那のほうはなお拘引されたままで、警察にも顔が利くらしい多々良さんの尽力で一足先に釈放された村田さんは山田さんを忘れることを条件に多々良さんをマイ・ラバーにしてしまいます。
 そんな折に淡路さんの夫が入所している診療所から淡路さんの夫が危篤という知らせが入り、ようやく病院を出た淡路さんは夫の遺骨を持って故郷へ帰っていきます。

 残るは山田さんのその後でおます。
 お茶の行商でたまたま三船さんと知り合い、その事務所で弁当を一緒に食べたことから2人は急速に親しくなり、子煩悩らしい三船さんは親子を連れて浅草へ遊びに行ったりしますが、映画を観た後、いつまでもやまない雨に降りこめられ、雨宿りのつもりで子どもを連れて連れ込み旅館へ入ったのが一泊することになり、その夜、山田さんと三船さんは合体しちゃいます。

 この連れ込み旅館で眠っている子どもを間にして、それぞれの布団に2人が横になって話を交わすシーンがまことによろしおます。不器用な三船さんはなかなか寝付かれまへん。昼間は子どものお母ちゃん然としていた山田さんは浴衣姿で横になっとりますが、少し乱れた髪が額に流れており、色っぽいのですな。

 「そっち、行っていいか」の三船さんの言葉を拒否した山田さんが三船さんに「奥さん、いるの?」と訊くと「戦争から帰ってきたら、ほかの男と一緒になってやがった」という返事で、山田さんの表情はさりげなさを装い、男の誘いの言葉を拒否しながらも拒否しきれない、どこか待っているような感じを漂わせ、この後、三船さんは山田さんに覆いかぶさってくるのでおますが、大人の女と男の味がたっぷり^^
 翌朝、旅館を出て3人が連れ立って三船さんがバスに乗るまでのシーンで山田さんは「もし、子どもができたらどうしよう……」と心配を口走り、三船さんは「俺が責任取ってやるよ」と言い放ち、「じゃぁな」とバスに乗って去ります。

 このシーンでの夫がありながら、ほかの男と一夜を過ごしてしまった悔悟の気持ちと、しかし、久しぶりに味わった女の歓びとがないまぜになった山田さんもよろしおますが、剛のイメージが強い三船敏郎が不器用そうでいながら素朴な味を見せているのもよく、女性が相手の絡みのシーンで柔らかな演技を見せており、以後、剛一点張りの俳優だったことが惜しまれます。

 戦後4年目の東京の下町の話でありながら、焼け跡の風景が出てくるでなし、点景人物たちにも戦後ファッションの面影もなく、わずかに吉原病院のシーンで収容された街娼たちのやけっぱちな感じにそれらしさをしのばせているだけで、戦争から夫が戻ってくるのを待っている女の話というより、いつの時代にもいる寡婦の話めいて、製作された時代に合わせたのか、戦後すぐという話からはちょっとかけ離れた感じではおましたけどね。



 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この映画の三船敏郎はいいですね。

この2、3年後にほぼ同じ設定(未亡人と一人息子)の『無法松の一生』をやりますが、それよりも遥かにいい。確か三船の役は戦争で奥さんと子どもを亡くしているんではなかったかしら。

ただ山田五十鈴が20歳後半の役なので、今からすれば老け過ぎなんだけど、当時はあんなものなのかしらね。

20歳後半といえば、篠田麻里子と同じだ。

エロ狂いの友人さんへ

 この作品の三船さんはいいですね。
 戦地から復員すると奥さんはほかの男と一緒になっており、以来、女性不信めいた男で、連れ込み宿で「そっち、行っていいかい」と五十鈴に言うと、彼女は簡単には許さず、身もちの堅さに感心するのでおます。

 五十鈴さんの役の年齢は30歳だす。
 三船とのやり取りで「もう30ですわ」というセリフが出てきてます。

 昭和24年当時の30歳、あんなものでしょうね。
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。