--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-30

「お吟さま」で女が意思を貫く時

              お吟さま 130530

 女優業ばかりでなく、日本の女性監督第2号として監督業にも乗り出した田中絹代の監督作品として最後の映画となったのが、文芸プロダクション・にんじんくらぶ製作(配給・松竹)のこの作品でおます。
 新東宝作品「恋文」(1953年)に始まる田中絹代の監督歴はおよそ10年。今でこそ女性の映画監督は珍しいことではおませんが、当時としては珍しいのを通り越してスター女優が映画を演出することは映画界の大きな話題であっただろうことは簡単に推測でけます。

 映画界に限らず、当時の世の中は男性中心の社会でおますから、明るい話題だけでなく、業界内では珍奇な、迷惑顔の、戸惑いのそんな空気があったことも推測でけます。絵画や伝統工芸などの、発案から製作まで自分ひとりで作品を完成させることができる分野ならともかく、映画はひとりがリキ入れて頑張っても多くの人の手を煩わせるとあれば、なおさら、迎え入れる世界は複雑だったかも、ですね。
 「失敗したら、どないするんじゃ」と一時期、愛人関係にあった溝口健二監督は激しく反対したというし、その溝口の長年の仕事仲間(助監督)で、第1号の女性監督となった坂根田鶴子が映画を撮ったのは1936年という時代でおますから、数回のチャンスを見送った末の女性監督の初登板(松竹下加茂「初姿」)だったそうでおます。

 さて、今東光の原作を溝口健二の弟子に当たる成沢昌成が脚色した「お吟さま」(1962年)は田中絹代の監督作品としては6作目で、キャストはともかく、撮影・宮島義勇、音楽・林光、美術・大角純平など、主だったスタッフは男性の映画で、スクリプターを除けば男ばかりというのも現代とは今昔の差が大きおます。
 絹代さん、小柄な体躯で男性社会に斬り込んでいったのでおますが、スタート時とは映画界の諸事情も異なり、徐々に映画界に余裕がなくなっていったのも劇映画で田中絹代以後、しばらく女性監督の進出を阻んでいた原因のひとつでおますのやろうね。






 いたずらに劇伴でアップダウンを作るのではなく、終始、静かな語り口が心地いい映画でおます。
 周知のように茶道の千利休(中村鴈治郎)の娘お吟(有馬稲子)のキリシタン大名、高山右近(仲代達矢)への一途な激しい恋心を描いた作品でおますが、冒頭、戦闘シーンから始まります。
 「何事ぞ?」と観ていたら豊臣秀吉(滝沢修)が島津攻めで九州へ遠征している時で、クレジットタイトルが出るまでの間、時代設定の説明でおました。
秀吉の島津攻めに従軍している石田三成(南原宏治)と利休の位置関係、信仰もさることながら当時の尖鋭的な異文化だったキリシタンについて南都仏教の高僧(荒木忍)を出してきて日本の在来宗教とキリシタンの関係などをさらりと説明してくれはります。

 利休は秀吉お気に入りの茶道指南ながら、日本の中世ギルドの代表ともいえる堺を背負っている人物でおます。
 石田三成は天下人となった秀吉の実力派閣僚で、独立都市・堺をどうにかせにゃアカンと企んどります。
 キリシタン文化は堺との結びつきがあり、そのため、高山右近は従軍参加の大名のリストから除外されており、やがて、その信仰ゆえに追放大名となってしまいます。

 そんな右近を「わが背の君」としたのがお吟で、しかし、右近は妻帯しているため、どうにもならしません。その間隙を狙って三成は利休を通じて堺の商人・百舌屋(伊藤久哉)との結婚をお膳立てします。三成は独り身の男女を結びつけようとするキューピットではおません。
 秀吉の治世を盤石のものにするため、三成さん、暗躍するのでおますな。
百舌屋とお吟の結婚を画策し、人妻になったお吟と右近を接近させることで百舌屋にお吟を離縁させて堺の商人の凋落を導くと同時に、断わってくるのを承知のうえで独身に戻ったお吟に秀吉の好色の呼び出しを出させ、秀吉とは反りが合わなくなってきている利休もろとも堺の独立都市性を葬るという、政治的計略が潜んでいるのでおます。

 お吟と右近の恋物語の裏を貫いている面白い骨格でおます。
 もちろん、チンタラと恋のお話にのめり込んでいるだけではおませんが、絹代監督がこの政治の影にどこまで気づいていたか、でおます。
 最後、お吟は前田家を頼って加賀に落ちて行った右近のあとを利休たち家族(母親=高峰三枝子、弟=田村正和)の応援を得て追っていこうとしますが、時すでに遅しで、秀吉からの「早く来い」の呼び出しがきており、自刃を覚悟します。
 もはや四面楚歌のお吟の「わが恋に殉ずる」覚悟について、お吟はそれを示唆するかのような人物に出会ってはります。秀吉の後継者の秀次の「お前のこと、好きやで~」の誘いになびかなかった名もない女の存在でおます。演じているのは有馬稲子、久我美子とともに、にんじんくらぶの3人娘だった岸恵子で、特別出演としてクレジットされとります。

 人妻となったお吟が淀川の土手を裸馬に乗せられ、処刑場へ曳かれていく女を見かけるシーンが出てきます。女は恋人と一緒になる意思を貫いたため、秀次の逆鱗を買って処刑されるのでおますが、意思を押し通した満足げな表情に、お吟は胸を打たれるのでおますが、これって、どこかで観たような光景……。
 溝口健二監督の「近松物語」(1954年、大映京都)でおますな。ヒロインのおさん(香川京子)が映画の始め、やがて自分もそのようになる不義者の男女の市中引き回しの行列を目撃します。
 お吟が裸馬に乗せられた女を目撃するのは、「近松物語」のこのシーンの流用でおますが、これも脚本が溝口の弟子の成沢昌成であるためか?
 そういえば、もう一カ所、自分たちの密会が三成の計略と知ったお吟と右近は山奥の茶店に難を逃れますが、その時、くるぶしに傷を負ったお吟を右近が手当するシーンがあり、これとよく似たシーンも「近松物語」にも出てきます。
 足洗い桶の水に浸したお吟の足首を右近が洗い清め、薬を塗布するところは篇中、唯一のエロチックなショットでおましたけどね。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。