--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-29

37)「私家版加藤泰論への道」4 続・チャンバラから出発

 劇映画デビュー作「剣難女難」二部作のあと、加藤泰の仕事は、しばらく本人が言うところの"日本最低のプロダクション"だったという宝プロダクション製作の映画が続きます。
 それが、1952年度の「清水港は鬼より恐い」と「ひよどり草紙」です。
 「清水港は鬼より恐い」は、大泉滉扮する堅気の若旦那が次郎長や石松の住む清水の町にまぎれ込んでくるストーリーですが、映画俳優に落語家、漫才師、浪曲師、歌手、果ては本職の芸者までが顔をそろえたドタバタ喜劇映画です(のちに加藤泰映画の常連となる汐路章も、賭場の客の一人として顔を見せています^^)。


 自宅でパチンコを楽しんでいる次郎長が二代目・桂春団治、将棋好きの大政が林田十郎、小政が芦乃家雁玉という当時、人気者だった大阪の芸人さんが出ていますから、スクリーン上では大阪弁が飛び交っています。
 板前役の広沢虎造は得意の浪花節をうなっているし、釣りキチの石松(加東大介)と仲のいい吉良の仁吉役の沢村国太郎はなぜか、いつも塩豆をポリポリ齧っています。おまけに次郎長一家と敵対するやくざの原健作(健策)や尾上菊太郎は酔っぱらって雨の中で歌なんか歌っています。
 と、このように楽しく、すっ呆けた喜劇を目指したはずでしょうが、残念ながら、トントン拍子に話が展開していくリズム感にいささか欠けた作品となっています。
 撮影日数11日間という制約の中で加藤泰は奮闘していますが、後年(1977年)、この作品に次郎長の子分役で出演していた、春団治の弟子・露乃五郎との対談で当時を振り返って、こう語っています。

 「あれは11日間しかなかったんですよ。『11日間で撮ってくれないか』という話でして、まだ若かったし、なんでもやってみてやろうかという気がありましたしね。早撮りくらい、人のやれることをやれんことはないと気負った考えもありましたしね、『ヨシ、やったるゾ』とやりましてね」
 
 ちなみに、ボクが観ることができた16ミリ版ではタイトルは「清水港は鬼より恐い」ではなく「虎造の清水港」となっています。のちに改題されて再公開でもされたのでしょうか。

 「ひよどり草紙」は、「剣難女難」同様、吉川英治の小説を映画化したもので、宝探しならぬ紅ひよどりという鳥探しに出た若者(江見渉=俊太郎)と娘(星美千子=美智子)が主人公で、波乱万丈のチャンバラです。
 生前、加藤泰が口癖のように言っていた「キチンとした」時代劇に作り上げていますが、地味な印象は免れません。また、手に汗握る波乱万丈な展開でないというのも、ないものねだりかもしれませんね。
 最近、"マキノ雅彦"の名前で映画を撮った津川雅彦が子役(沢村マサヒコ)で出演していますが、マキノ系でいうなら兄たち(マキノ雅弘、マキノ満男)の翳に隠れた観のある三男・マキノ真三が義兄にあたる高村将嗣(あ長姉の夫)とともにプロデューサーとして名前を連ねています。
 この作品、2年後に中村錦之助、美空ひばり主演でリメイク(監督・内出好吉、新藝プロ・松竹)されています。錦之助の映画デビュー作品ですね。
 
 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

映画発見の小旅行

 本日は、天王寺から新世界を経由して心斎橋まで歩きました。題して「映画発見の小旅行」。新世界の名画座の様子を検証して、その後、動物園前でジャームッシュの新作。その後、日本橋から順々に中古DVD屋を散策。最初に川島雄三の『風船』と『愛のお荷物』を発見するが、とりあえずパス。その後もぶらぶらとして、心斎橋に。そこで、発売されたばかりの加藤泰のDVDをバラで五本とも。その他、マキノボックスなども。さすがに全部は無理なので、思案のあげく、そのうち二本をゲットしました。さて、何か判ります?

少し言葉足らずでした。

少し言葉足らずでした。加藤泰を五本とマキノボックス、それから内田吐夢や新諸国物語など東映モノを十本程を発見したけど、そのうちから加藤泰モノを二本という意味です。ちなみに『ヒストリー・オブ・バイオレンス』は梅田で観たけど、奈良の橿原のMOVIXでもやっているよ。そこから車で30分位だ

渋谷通い

先週の土曜日に渋谷へ行ってきました。ただ、青山さんのような加藤泰崇拝者ではなく、私は錦之助ファンなので、錦之助の映画をやっていると、大嫌いな渋谷へでもいそいそと出かけていく男です。ここで連載中の「加藤泰論」、全部読ませてもらいました。すごいですね。そんなに加藤さんが好きだとは知りませんでした。あいにく青山さんイチ押しの「喧嘩辰」は見逃してしまいました。錦之助主演の映画以外で観たのは、「三代目襲名」と「陰獣」と「風の武士」でした。「陰獣」では途中でうとうとしてしまいましたが、あとの二作は真剣に観ました。橋蔵もいいなーと思いましたね。今週からは田坂具隆特集があるので、千石の三百人劇場に通います。10枚つづりの回数券をすでに買っちゃいました。
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。