--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-18

その後のビデオレンタル店閉店始末

                 在庫セール

 「買い物に行くついでに、例のレンタル店に立ち寄るけど、欲しいものはないか」と、お友達さんから連絡がありました。
 例のレンタル店とは前回、アップした閉店セールを実施中のビデオレンタル店のことでおます。レンタルのほうは既に業務がストップしているそうでおますが、在庫品のたたき売りはなお続いているらしく、それで連絡をくれたようでおます。

 そこで、しばし、またもやのメールのやり取り。しかし、セールを始めて時間が経っているせいか、めぼしいソフトの多くは商品棚から消えているそうで、それもまた、しかりでおますな。依然、綺羅星のごとく、映画ファン垂涎のソフトが今なお並んでいては、在庫品セールの意味がおません。

 それでも、お友達はボクにふさわしいソフトを選んで、いくつかメールで知らせてくれ、ギャングたちが忠臣蔵もどきの仇討ちをおっぱじめる、その名も「ギャング忠臣蔵」(1963年、監督・小沢茂弘)や意外にも売れ残っていた加藤泰監督の「宮本武蔵」(1973年)、わがご贔屓の藤純子が哀しいくの一を演じている「隠密剣士」(1964年、監督・船床定男)、木下恵介監督の大河映画「香華」(1964年)などをオーダーしたのでおます。

 ほかにも東宝、松竹作品が多く残っているとか、小津・木下作品もそっくりあるとか、知らせてくれたのでおますが、東宝、松竹といってもどこからなのか分からないし、小津映画のソフトは既に持っているので用はなし。高田浩吉物もあるとメールしてくれたのですが、この歌う時代劇スターに思い入れがあるわけではなし、でおます。

 昔から、こういうセールでは売れ残りの中にこそ、皆の気付かない掘り出し物が潜んでいるものでおます。とはいえ、東海道を遠く離れている身の悲しさで、実際に駆け付け、この目で売れ残り商品群を見ることなどできしまへん。
 自分で確かめて掘り出し物&珍品発見を実施したのは、お友達さんのほうでおます。
 見つけるシロモノは趣味の相違で、お互い違っていて当然でおますが、お友達さんが画像付きで知らせて寄越したのは、こんな作品でおます。

                 怪塔傳

 これ、1951年の丸根賛太郎監督の松竹時代劇でおます。というよりも、あの鶴田浩二の時代劇初作品だとか。どんな内容かは知りまへんが、知らないからこそ、ちょっと面白そうでおます。
 こういう今や忘れ去られている作品を見つけるのは、やはり、実際にセールの売り場に行かないことにはわからしません。そんなことをしていると、どんどん購入金額がアップしていきそうで、恐いのも事実でおますけれどね。
 もう1本、お友達が見つけたという珍品は、これでおました。

                テーマ・変身

 いやはや、マニアック^^




                 

                
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あながちマニアックではないんですよ。

ピープロの創立者である、漫画家のうしおそうじは、戦前から東宝に在籍していた映画人で、円谷英二門下の技術屋。戦時中は従軍していましたが、その同じ部隊に三船敏郎が居て、彼の映画界入りに大きな影響を及ぼしたとか。

また、息子の鷺巣詩郎は作曲家で映画音楽なども手掛けていて、国内では『エヴァンゲリオン』が有名ですが、韓国映画の『MUSA 武士』なども作曲しています。

そういえば、映画音楽について今回のビデオを観てて、少し面白いことがありました。駄賃として、買ったビデオを納入前に観ているのですが、中に月形龍之介の『水戸黄門』の予告編が付いているビデオがありました。そこに流れていたのが、何とミクロス・ローザの『ベン・ハー』まんま。そっくりではなく、恐らくレコード音源を使用したようで、アイフォンの音源サーチアプリでも『ベン・ハー』を示しました。

著作権意識のない、おおらかな時代だったんでしょうね。
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。