--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-07

歌舞伎そのものの「大鹿村騒動記」

大鹿村騒動記110807


 年に1度の村歌舞伎の主役を張ることを生きがいのようにしている男と、手に手を取って姿をくらました18年後、戻ってきた妻と友達との奇妙な三角関係を描いた公開中の映画「大鹿村騒動記」(監督・阪本順治)は、村人たちが300年続く伝統の村歌舞伎を披露するからでもおませんが、この奇妙な三角関係があたかも歌舞伎を観ているかのような作品でおました。

 友達に妻を寝取られた善さん(原田芳雄)、戻ってきた妻と友達を重ねておいて真っ二つの女敵討ちもままならず、本来、被害者であるはずなのに仕方なしに妻を引き取るお人よしでおます。

 善さんの妻と駆け落ちした治(岸部一徳)は18年間暮らした女が最近、認知症を患って世話をしきれないからと戻しに来た得手勝手な男で、しかも、加害者であるのに被害者面をしているヤツでおます。

 善さん、治の2人の男に挟まった貴子(大楠道代)は脳の病から記憶をなくし、加害者にもかかわらず、もめ事はそっちで話をつけてとばかり、平和そのものでおます。

 舞台な長野県の山深い小さな村。マイカーはめったに見えず、村で唯一の公共交通機関である路線バスが走り、郵便配達のバイクが走って役場の女の子が有線放送で行事を知らせている。そんなのどかさに一見、時代は昭和の昔かと思ってしまいますが、リニアモーターカーが議論され、農業研修に中国人青年が来ており、少し前なら「痴呆症」と言われていたのが「認知症」になり、善さんの店に住みついた青年が昔なら「オカマ」と片づけられた性同一性障害であったり、それを知った善さんがただ頷くだけで触れなかったりと、平成を彩るキーワードは満載でおます。

 さて、奇妙な三角関係と歌舞伎のことでおます。





 これ、三幕物の芝居ですよね。

 第一幕は村歌舞伎のことがあって、村人たちが芝居のけいこ中、貴子と治が帰ってきて善さんを交え、そこから3人の世話場になりますな。
 第二幕は記憶をなくした貴子の面倒を善さんがみているうち、かつて善さんの相手役だった貴子に芝居のセリフがよみがえり、そこから一気に芝居のけいこが本番に移っていき、大盛況のうちに幕となりますな。
 大詰の最初はバスの運転手(佐藤浩市)と役場の女の子(松たか子)のエピソードを善さん・貴子の合わせ鏡という意味で軽くやり、その後、いったん正常に戻った貴子の病気が再びぶり返し、善さんと治がてんやわんやする3人が絡むうちチョンと析の音が入り、善さん、貴子、治それぞれ型を決めて幕ですな。

 この作品は、善さんたちが村歌舞伎を演じるという大枠こそおますが、本来なら善さん、貴子、治の3人のお話で事足れりの映画でおます。だから、舞台仕立てにすると3人の話になってしまうものの、それでは映画にならしません。でも、性同一性障害の青年(富浦智嗣)が郵便局員の青年(瑛太)に恋するエピソードはなかってもいいし、そもそも最初に出てきたリニアモーターカーの話も賛成派(石橋蓮司)と反対派(小倉一郎)の歌舞伎に出る出ないの対立に利用しただけで途中で立ち消え状態でおます。

 いろいろな村人が登場し、ゴチャゴチャしていそうに見えながら、実は3人の男女の話にしか過ぎないということは映画を観れば簡単なことでおます。騒動記いうほどの大層なもんやおません。
 そのゴチャゴチャ出てくる村人たちが善人ぞろいというのは意図的でおますやろうけど、ただ一人、旅館の主人(小野武彦)だけが善さんたちのもめ事にクスリとほくそ笑むのが妙に現実味を帯びていました。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。