2011-04-06

みちのくの光景

宮城・松島


 このところ、映画から遠ざかっています。理由は、観たい作品がないということだけでおます。

 東京へ移住した友人が、現在の状況を目に焼き付けておこうと、昨日、東京を発って山形へ至り、そして今日、宮城入りしました。
 「宮城へ入った途端、風景が一変した」と驚きのメールを送って寄こし、続いて冒頭の画像を送ってきました。
 この画像の光景を見ただけでも、かつて阪神・淡路大震災を体験した者には3・11当日とその後の恐怖がしのばれます。まして、今回は地震だけでなく、大津波、原発事故が重なり、阪神・淡路をはるかにしのぐ被害でおます。

 友人が、みちのくの今をどう見て、何を感じているのか、彼は帰京後、ただちにルポタージュするのかどうか、東京へ帰り着くのはまだ先のようでおます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

匂いが違う

百聞は一見にしかずというけれど、それは本当。テレビでは匂いが伝わらないもの。
放射能で野菜も魚も駄目で、田んぼは津波をひっかぶて使い物にならず。今年後半は全国的に食料が不足するのではないかとも考えています。
仙台の商店街も、一見、無事のように見えて、結構、地震の影響で閉まっていたり。まだライフラインが十分ではないんでしょうね。
でも、今回は見に行っただけで、発表するほどの取材はしてないもの、あまりおおげさにしないでちょ。
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事