--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-06

越路さんが色っぽい「女給」

 自宅でビデオやDVDを観ることはめったにおませんが、それでもひょいと思い付いたように観ることはおます。多くは夜の酒の友でおます。
 TUTAYAには最も縁遠い人間でおますので、観るのはもっぱら自分で録画しておいたものやソフトの低価格販売に詳しい友達に教えられて手に入れたものでおます。

 そんな中で先日、思い立って観たのが1955(昭和30)年の東映作品「女給」。昨年、東映チャンネルで放送された時、録画しておいた映画でおます。
 脚本・猪俣勝人、監督・千葉泰樹の現代劇で、戦後の日本映画界で若手スターの一翼を担った杉葉子が主演しとります。共演は越路吹雪、上原謙、伊藤久哉、星美智子、三笠博子、日野明子、山形勲、一の宮あつ子、英百合子などなど。
 当時、伊藤久哉、星美智子、三笠博子、日野明子は東映所属の俳優でおましたが、上記の監督、俳優に加え、プロデューサーに藤本真澄が名を連ねております。なにやら当時の東宝映画っぽい布陣でおます。
 
 藤本真澄は一時期、東宝を離れて藤本プロダクションとして独立していたので東映と藤本プロとの提携作品かと思い、調べてみると、既にこの時期、東宝に復帰しとります。東宝のプロデューサーが他社の映画に名前を連ねている。なんでやろ? 契約が残っていたんですやろか? 重箱の隅のようなことが気にかかるので、ご存じの方がいれば教えて!

 「女給」は、結婚資金を貯めるため、アルバイトで銀座のバーに勤めるようになったヒロインが次第に、お水の世界になじんでいくというドラマでおます。

 


 会社勤めのOL(当時ならBG=ビジネス・ガールですな)がほんの軽い気持ちで入った世界でおますが、そこは男と女の色と欲がうごめいている世界でおます。ホステスになって評判がよくなると、男たちが寄ってきます。おまけにバーのママさん(一の宮あつ子)が自分のパトロン(三条雅也=小柴幹治)の事業の絡みもあって役人(徳大寺伸)とねんごろになれとささやいてきます。
 ヒロインはまだ処女という設定でおますが、ここらあたり、いかにも「昔」でおますな。秘め事では女の子もすすんでいる現代とはえらい違いでおます。
 役人を嫌ったヒロインは紆余曲折があって金のためにママのパトロンと一夜を過ごし、裏切られてしまいます。「私の操を返して!」と叫ぶあたり、お笑い草ですが、50数年前のことでおます。

 「私の男を取ったな!」と怒るママさんと大喧嘩となり、結局、ヒロインは恋人(伊藤久哉)にも捨てられ、ホステスとして生きるホゾを決めたヒロインが移った店で営業電話をかけまくるところで映画は終わるのでおますが、変身していく女を杉葉子さん、好演してはります。
 杉葉子といえば誰しも、1949年に今井正監督の「青い山脈」で演じたヒロインの女子高生、寺沢新子を思い浮かべますな。もちろん、ボクはリアルタイムでは観ていませんが、「青い山脈」から6年、もはや、戦後の自由主義を体現したような女子高生でないのは当然でおます。成瀬巳喜男監督の映画でも、いろいろと演じております。
 今年82歳になるこの元女優さんを初めてリアルタイムで観たのが1973年、豊田四郎監督、森繁久弥、高峰秀子主演の「恍惚の人」でおました。ほんのちょっとした脇役の奥さんでしたが、久しぶりの映画出演という鳴り物入りでおました。

 ところで、「女給」にはヒロインの先輩ホステスで、小学生の子ども(設楽幸嗣=「黄色いからす」や「お早よう」の少年)を女手ひとつで育てている未亡人が出てきます。
 この時代らしく、彼女は戦争未亡人でおます。ある時、夫の友人(上原謙)と再会し、お互いに魅かれ合うものがあって親しくなっていくのでおますが、子どもを抱える身であり、相手は妻帯者で、心では不倫しているようになるものの、どうしても一線を越すことができまへん。
 このサイドストーリーのヒロインを演じているのが、越路吹雪さん。

 コーちゃん、妙に色っぽいのでおます。それも色気をプンプン振りまくという下品なほうでなく、しっとりとした雰囲気の中に女の顔、母親の顔を漂わせているんですな。
 決して美人顔ではおません。かつて岡本喜八監督がわざとキャラクターとして強調したといわれているような超面長の顔立ちでおます。それやのに抑えた演技と立ち居振る舞いで男にグラッとさせるような魅力を表現しているのでおました。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。