--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-03

高峰おばさまが残した本

おいしい人間110203


 書店でひょいと手に取って読む気にさせられたのが、画像にある「おいしい人間」でおます。
 著者は昨年、暮れも押し詰まったころ、あっちの世界に引っ越しした元女優の高峰秀子さん。

 この人、女優としての才能ばかりでなく文才もあったようで、女優を辞めるか辞めないかのころから雑誌などに随筆を連載するようになり、自分の女優人生を振り返った「わたしの渡世日記」をはじめ、何冊かの本を残しておりますが、ボクが読むのは、この「おいしい人間」が初めてで、しかも、文庫版になった一冊を手に取ったのは高峰さんの引っ越し後のことでおます。

 その「おいしい人間」の中で、フランスの歌手で俳優のイヴ・モンタンのことに触れた「パリのバラ、東京のバラ」という一章がおます。
 世界に名だたるイヴ・モンタンに初めて会った時、東京で再会した時のことなどが記されており、その中でボクが「そうやねん!」と思わず同意した下りがおました。
 


 『私はキンキン声に弱い。日本人のほとんどは、よほど耳が悪いのか、ところきらわず生まれっ放しの地声でワメk散らすから、音声そのものががさついていて聞き苦しい。
 ところが、欧米人のほとんどは、「自分の声をコントロールする術」を心得ていて、周りの雰囲気や場所柄を敏感にわきまえて声を使い分ける。自分の発声を相手がどう感じているか? という心配りも忘れない。これは大切なマナーの一つとして定着しているらしい』

 ちょっと引用させてもらいましたが、欧米人のほとんどがそうなのかどうかはともかく、最初の日本人に関するところは全くその通りでおます。

 むろん、大声でわめき散らすように話さないといけない時もあるものの、日常でそうわめき散らす必要があるとも思えません。しかるに一歩、外へ出てみると大きな声で皆さん、よ~うしゃべってはります。これは老いも若きも、男も女も関係おません。

 箸が転んでも笑いころげるという17や18の女子高生やあるまいし、電車に乗れば2人以上連れ立った乗客はもちろん、コーヒーブレイクで入った喫茶店などでも2人以上の客が周りにいれば大きな声でしゃべりまくり、笑いまくってブレイクがブレイクにならず、早々に退散といういわれなき被害を被ることもおます(独りの客が相手もなしにつぶやいていたら別の意味で困りものでおますけどね)。
 映画館でも上映中にやかましいおばさん、おっちゃんもいてます。居酒屋なんぞに入っても、少々のやかましさは承知してはいるものの、店の選別を間違ったと後悔させられることもおます。
 何がおかしいのか、うれしいのか、自分たちだけにわかる共通の話題で盛り上がっておりますが、関係のない周囲の人間にとって、これほど迷惑なものもおません。煙草の煙に匹敵しますな。

 入院している人の見舞いに、国立大学の大きな病院を訪れた時のことでおます。
 目指す病人が寝ている病室は6人部屋でおます。病室へ入ると手術したての訪ねた病人の両隣さん、もう随分経過がいいのか、元気になっているのは結構なことでおますが、顔を見に来た家族や同室のほかの患者らとペチャクチャペチャクチャ、井戸端会議並みにやかましいことでおます。病室から少し離れた待合室に行けば、今度は病人を訪ねた家族の人たちが別の家族の人たちと一角を陣取り、そこでも大きな声で何だかんだとおしゃべりをしており、もう少しで「お前ら、ここは病院やぞ! 静かにせんかい!」と怒鳴りそうになったことがおました。

 これすべて、「周りの雰囲気や場所柄を敏感にわきまえて」いないゆえでおますねんやろね。
 今ここにいるのは自分たちだけ、周りの人たちは畑の大根かサツマいもにすぎないとでも「わきまえて」いるのかどうか、周囲に対する「配慮」というものをわれわれは、いつから忘れてしまったのでおますやろか。
 家に帰ったら、今度はテレビが待っております。テレビをつければ、テレビがなければ活躍の場はないようなタレントが「ギャハハ…」「ウッハハハ…」と芸にもならぬ笑い声をまき散らし、ドラマでは日常上げたことのないような喚き声で俳優さんが熱演していて、やかましい限りでおます。
 テレビがやかましいならスイッチをオフにしてしまえばよろしおますが、家の外の人間どもが発する度しがたい喧騒、なんとかならんものでしょうか(ならんわな…)。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。