2010-12-15

年の瀬も水の流れるごとく

ホテルの窓101001


 師走がひた走って、もう月半ばでおます。
 今月に入り、急にこのしょぼいブログの更新速度が落ち、怠けまくっています。
 さすがに師走も半ばになると冬の寒さも厳しく、寒さが増せば、わが脳みそにも霜が降りるようで暖かい時のように脳の動きが思うように回転してくれないようですな。普段でも動きは活発でないのに、これ以上に寒さが増せば、ひょっとすると、わが脳みそは降雪状態に陥るかもしれません。

 雪といえば昔、「雪に降りこめられた竹屋の渡し…」と情景描写を記した映画シナリオがおました。
 さぁ、何という映画だったでしょうか?

 北海道の30年来の付き合いで、長くアメリカのロサンゼルスに住んでいた友人が「アメリカを引き上げてきた」と先日、クリスマスカードと早々の年賀状を兼ねた便りを送ってきてくれました。もともと札幌に住んでいた人ですが、札幌はもう雪景色の中なんですね。

 先週、わが家を訪ねてきた別の友人が一泊していきましたが、「寒い、寒い」と連発しておりました。
 わが家に来て一宿一飯の恩義に預かろうとする友人たちには「冬は絶対来るな!」と常々厳命しています。その厳命にもかかわらず来訪したのも仕事の都合上だったのでおますが、冬場、来客があっても暖房代をケチるような、それこそケチなマネはしていません。このボロ家に来て「寒い」と感想? を述べる人たちは、きっと普段、お蚕ぐるみの暖かな住空間におられるのでしょうね。
 マンションと異なり、戸建住宅は寒いもんでおますねんけどね^^
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「寒い」と連発して申し訳ありません。

でも、夏はいいんですよね。結構、涼しくて。

また、暖かくなったら、遊びに行きます。

柿を差し出してくれた友人さんへ

「旅人さん、おひとついかがですか」と差し出してくれた、このブログのテンプレートにあるような色の柿、ありがとうございました。
あ、旅人さんは友人さんのほうでしたよね。
今週、ようやく映画館に行き、「ノルウェイの森」観てきました。感想は、まもなくアップしますね。ではでは。
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事