--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-12

蝶々集めやシェークスピア役者も顔見せの「ワルキューレ」

 ヒトラー暗殺計画に挑む軍人、政府高官たちを描いた公開中のアメリカ映画「ワルキューレ」(2008年、監督=ブライアン・シンガー)を観てきました。
 
 田舎町のスクリーン数4面のシネコン。平日の昼イチの上映時間。観客はボク以外に、わずかに3人・・・。思わず、経営維持が気になってしまいます。
 おかげで、例の映画の最後の長い、長いクレジットタイトルが終わり、場内が明るくなると観客はボク1人になっておりました。
 こんな光景、もはや、ボクにとっては奇異な現象ではおまへん。

映画は、トク・クルーズ扮する憂国の軍人さんがヒトラーを囲んだ会議の席上、爆発物を仕掛けるようになるまでの前半、正直、退屈でおました。
 面白くなるのは爆発物が計画通り、爆発した以降からでおます。
 それにしても・・・。
 爆発物を仕掛け、会議場の外に出たトム・クルーズが爆発したのを確認し、そのまま騒然とした現場からカッコよく車で立ち去りますが、それにしてもです。
 この憂国の軍人さん、後の確認が粗漏でおました。
 つまり、爆発したことでヒトラーは死んだと確信しただけで、果たして本当に死んだのかどうか、確認しないまま現場を立ち去り、仲間たちに計画は成功したと報告しとるんであります。

 ヒトラーが数ある暗殺で死亡していないのは歴史にみる通りでおますが、観客にとっては、なんで憂国の軍人さん、最後の確認をとらへねん? となります。
 つまり、緻密な暗殺計画で爆発物を仕込み、計画通り、爆発させたまではよろしおますが、爆発した=ヒトラーは死んだと考えるのは早計でおます。
 こういう場合、爆発してもヒトラーが死んだかどうかまで確認しないことには「ヒトラーは死んだ」とはならしません。
 まさに、上手の手から水が漏れるという諺そのままでおますが、このお粗末さが映画の後半の展開を面白くしているともいえます。

 前半は確かにちょっと退屈でおますが、ヒトラー暗殺計画の合議に集うシーンで、登場する俳優たちを見ていて「あれ!?」となりました。
 政府の高官を演じていたおじさん、テレンス・スタンプじゃありませんか!

 「コレクター」(1966年、監督=ウイリアム・ワイラー)で蝶々の収集が長じて、女の子を監禁してしまうオタク青年を演じたことで知られるイギリスの俳優さんでおます。
 この映画、観た当時は女の子を地下室に監禁して自分の思うようにコントロールしようとする青年の行動は不気味でおましたが、あれから40数年、かつて映画の中のフィクションがいまや、リナルな出来事として時々、世上を騒がせているのはご存じの通りでおます。
 後でタイトルで見ると「And TERENS STANP」となってました。特別出演格でおまんな。

 もう1人、現代のシェークスピア役者といえるケネス・ブラナーも出ていて、これまた、このイギリスの俳優さんを観るのは1997年に観た「オセロ」以来でおました。

 それにしても、やはり、アメリカ映画やなぁ~と感じさせられたのはドイツ国内の話なのに、しゃべっている言語は英語やったということでおます。
 よその国の話を自国の言葉でやってしまうって、アメリカ映画ですよね^^
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。
シネコンって、入っている所とそうじゃない所の落差、大きいですよね。
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。