2009-01-05

緋牡丹タイム8-夢を撒いて消えた佳人6

寺嶋純子101011


 いよいよ、インタビューも終わりに近づき、そのひとがデビュー作『八州遊侠伝 男の盃』(1963年)から最後の『藤純子引退記念映画 関東緋桜一家』までの出演映画の写真グラフを眺めながら、

  ―やっぱり、『緋牡丹博徒』シリーズよりも、男の人の主演物につきあってやった役のほうが心に残ってますね。

 とつぶやいたのをきっかけに、『緋牡丹博徒』から離れて好きな作品と嫌いな作品をたずねてみた。


 まず、好きな作品として、打てば響くような明快な口調で『明治侠客伝 三代目襲名』(1965年)と『遊侠列伝』(1970年)、『日本侠客伝 昇り龍』(同)の3本を挙げる。
 これは納得。初栄に、おゆきに、お京、みんな、いい”おんな”。

 その反対に、嫌いな作品は『車夫遊侠伝 喧嘩辰』(1964年)、『博徒』(同)、『幕末残酷物語』(同)の3本を挙げたが、正直なところ、「何でやねん」と反問したくなる。これには納得がいかない。
 藤純子が「お金や、ダイヤモンドや」と突っ張りながらも真実の恋を求める大阪芸者を演じている『喧嘩辰』も、汚れのない、ふくよかな笑顔とやや太めの声のおっとりとした京言葉が優しい女中を演じた『幕末残酷物語』も、ボクたちにとっては決して嫌いな作品ではない。

 むしろ、初期の純子映画史の名作なのに、送り手と受け手とでは、こうも違うものなのだろうか。
 時間がなくて聞き漏らしてしまったけれど、そのひとは、
 
 ―イヤイヤやった役っていうのは、忘れないのよね。

 と押し出すような声でニガ笑いを見せた。
 『博徒』でも娼婦を演じ、相手役の松方弘樹との濡れ場シーンもあるが、そういうことから考えてみると、作品事態ではなく、彼女の潔癖な性格による役柄への拒否反応と推察しているのだが・・・。
                                                 (つづく)
 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事