--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-03

緋牡丹タイム2

 「緋牡丹博徒 一宿一飯」のページで書き忘れたことですが、この映画の主題歌は主演の、わがごひいき、藤純子が歌っています。
 決して、お上手とはいえない歌いっぷりですが、その素朴な歌唱がよろしおま^^

 ところで、この「娘~盛りを~渡世にかけ~て~」で始まる主題歌の歌い手は最初、藤純子じゃなかったんですね。
 1作目「緋牡丹博徒」の予告篇でも、この主題歌が流れています。しかし、声の主は純子ではなく、コブシが効きすぎるくらい効いています。なんとかちどりさん(姓のほうは失念しました^^)という演歌歌手です。
 後年、カーステレオ(いまや死語ですね)のテープで偶然、聴いて「ああ~」となったことがあります。

 もちろん、本編ではクレジットタイトルの冒頭から、渡辺岳夫の作曲によるメロディーに乗って純子が「娘~盛りを~渡世にかけて~」とやってます。でも、1作目の予告篇では別の女性歌手が声高らかにやってるんですね。

 それに、この主題歌のタイトルは映画同様、「緋牡丹博徒」ですが、当初は「緋牡丹しぐれ」というタイトルでした。
 これは「一宿一飯」で、クレジットされています(ちなみに、1作目では主題歌紹介のクレジットはありませんでした)。

 藤純子が主題歌を自ら歌うようになったいきさつは、富司純子さんと親しい友達にかつて聞いたことがありますが、藤純子は歌うことに随分抵抗感があったそうで、それ以外の詳しいてん末は忘れてしまいました^^
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。