--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-26

女を堕として堕として「山椒大夫」

 溝口健二監督の1954年の大映京都作品「山椒大夫」を初めて観た時、厨子王(花柳喜章)を逃した後、自殺する安寿(香川京子)の入水シーンの神々しさに、思わず身が震えたことを憶えています。
 撮影は、日本映画界が誇る名カメラマン、宮川一夫。そのカメラが捉えたショットの中間に木立があり、その木立の奥に湖が広がっています。カメラは据えっぱなしのワンショットで、静かな水面をたたえた湖に向かって安寿が進み、やがて、安寿の体は水中に消えていきます。
 たった、それだけの短いシーンですが、その時、ボクは息を詰めて目は画面に釘付けになっていたのでしょうね。
 神々しいという形容詞は普段、そう使われることはありませんが、このシーンが終わった後、フーッと息を継いだ時、「神々しい」という言葉がボクの頭の中にインプットされていました。

 溝口健二は映画の中で男社会なるがゆえに女が暴力を振るわれたり、不幸に泣いたり、いじめられたりする姿を繰り返し描いていますが、一般に、そうした女のさまざまな不幸を通して溝口健二は女性への贖罪を描いたといわれています。
 この「山椒大夫」もそうですね。だから、奴隷の身分から抜け出し、行方不明の両親を探すために兄の逃亡を可能にした妹のけなげさを讃えるため、その妹の最期を観る者に「神々しい」と感じさせるようなシーンが用意されたのだと思います。

 この作品を2度目に観た時、次にボクが注目したのは田中絹代が演じた母親の変貌でした。これは1回目では気がつかなかったことです。


 映画「山椒大夫」では、溝口健二は田中絹代扮する母親を徹底的に堕としています。
 映画は母親と子ども2人が召使(浪花千栄子)を伴って旅をしているところから始まりますが、母親は役人(清水将夫)の妻として貴婦人然として登場します。
 その夫が大宰府の長官として赴任することになり、一家4人の別れの席で見せる田中絹代の艶然とした表情にゾクッとさせられます。ゾクッとなりながらも、観客は、この時に見せる田中絹代の表情を忘れてはいけません。
 
 次に田中絹代が登場するのは、佐渡のさびれた港町の遊女屋の遊女としてです。
 人買いの老婆(毛利菊枝)に騙されて母子は離散し、兄と妹は絶大な権力を持つ豪族・山椒大夫(進藤英太郎)の奴隷として売られ、辛酸をなめる日々が映画のメーンストーリーとして描かれますが、さて、一方の母親はどうなったか? といえば、貴婦人から遊女になっていたんですね。

 溝口さん、これだけではまだ足りなかったんでしょうね。
 遊女屋を逃げ出そうとした母親を、今度は歩行困難な女にしてしまいます。余談ながら、商品としての遊女の体にキズをつけて、それで遊女屋のオヤジは商売のモトが取れるんかいな? と余分な心配をしてしまいます^^

 最後に、田中絹代は髪は白髪混じりで、盲目の潮焼けした鳥追いの老婆として登場します。もはや、遊女としては役に立たなくなった後の海辺の粗末な小屋に住む老婆になっており、目が見えないことで村の子どもたちにからかられるのでしょう、人の言うことはすぐには信じない身も心もボロボロになったおばあさんです。
 だから、ようやく母親を探し当てて現れた厨子王のことも、すぐには自分の息子だとは信じません。

 この母親の変遷、ボクにはショックでした。美しい母親が自分の意思に反して遊女となり、やがて、潮焼けしたおばあさんになっていたという結末は、安寿の不幸よりもガーンでしたね。
 厨子王は息子と信じない母親に対して手をついて謝りますが、これぞ、溝口健二ですね。これだけ一人の女を堕とし続けて最後に映画の人物を通して溝口さん、女性に頭を下げています。

 でも・・・、待てよ。
 溝口健二が女性に対して映画では贖罪意識を持っていただけでは、最近のボクはどうも納まりません。
 若いころ、付き合っていた女性に痴話喧嘩の末、背中を刃物で切られたことがあるとか、妻が脳の病気を患って狂気に陥ったのは自分が性病をうつしてしまったからと信じていたとかの逸話は有名です。
 もちろん、ボクは溝口健二の私生活がどうであったかは知りませんが、映画を観る限り、映画で女性をいじめ抜いているものの、私生活ではその逆で、案外、「溝口健二というおのこ」は心に被虐性(いわゆる、マゾですな)を秘めていたおじさんではなかったんとちがうやろか? というのが最近のボクの思いです。

 この作品は森鴎外の原作をもとに溝口とは名コンビの依田義賢と大映時代劇を量産した八尋不二が脚本を担当し、美術が伊藤憙朔、音楽が早坂文雄という当時の日本映画のすごいメンバーが顔をそろえています。チーフ助監督は昨年末、あっちの世界に引っ越された田中徳三でおます。

 

 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。