--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-21

地味だけど女優競演が凄い「女囚と共に」

                        女囚と共に 170515-1

 これまた、すんごい女性刑余者の映画でおます。
 田中絹代、原節子、香川京子、久我美子、岡田茉莉子、木暮実千代と主演級の女優が並び、そのほか浪花千栄子、安西郷子、谷洋子、杉葉子、淡路恵子、中北千枝子、千石規子、滝花久子、清川玉枝、本間文子、菅井きんと、脇の女優もそろてます。
 1956年の東京映画、東宝配給の久松静児監督、田中澄江脚本による『女囚と共に』でおます。
 同じ年、東宝は成瀬巳喜男監督の『流れる』を封切っており、こちらも田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子、杉村春子、岡田茉莉子、栗島すみ子などが競演し、『女囚と共に』は『流れる』に比べると監督のせいか、あまり注目はされてまへんが、それにしてもスター女優、実力派女優を並べた映画って、当時の日本映画の底力を感じさせ、それだけで圧倒されますな。

 今、テレビの昼の帯ドラマで浅丘ルリ子や加賀まりこ、八千草薫、有馬稲子などが共演している『やすらぎの郷』がえらく評判になっとりますが、かつての日本映画はそんな比やなかったんでおますな。今はすっかりかつてのお株をテレビ局に取られた格好の日本映画に、
これだけの勢いを望むべくもあらしません。
 映画産業としての形は既になく、既存の映画会社が自社製作の力をなくし、○○委員会製作の映画の配給に奔走する日本映画界、そう呼ぶのも恥ずかしいくらいで、資金源枯渇、役者陣払しょくの今、日本映画は危機に瀕しているのでおます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。