--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-01-21

五十鈴の背中が逞しい『赤城から来た男』

                        赤城から来た男 170121

 脚本・新藤兼人、監督・木村恵吾による1950年製作の落ち目の三度笠の男の末路を描いた大映時代劇でおます。、
 主人公の名は星越の瀧蔵。扮しているのは、この時54歳の大河内傳次郎で、中年域に達し、いささかくたびれきった観は落ちぶれた逃亡者にはぴったりでおますが、星越の瀧蔵といえば、1951年の山中貞雄の映画をリメイクした大河内傳次郎主演の『上州鴉』(監督・冬島泰三)の主人公と同じ名前でおます。しかし、新藤兼人の脚本、国定忠治を彷彿させる設定も同じながら、これはまた別のお話でおます。

 かつては手下3千人といわれ、上州・赤城を根城にしていた瀧蔵親分、やがて役人に追われる身となり、こもった赤城山を捨て絞りに絞った子分40人を連れ、旅に浮き寝をさらす逃亡者になってしまいます。子分40人を引き連れた旅はいかにも目立ちすぎ、やがて子分たちも散り散りとなり、残った数人の子分と逃亡の旅を続けております。
 ここに、男どもの逃亡の旅にくっついてトボトボ、黙々と後を付いてくる女がいてはります。名はユキ。彼女は赤城山に瀧蔵親分ご一行がこもっていた時、飯炊きに雇われた山出しの娘で、演じているのは山田五十鈴でおます。子分たちが追い払っても追い払っても瀧蔵親分のそばを離れず、文字通り、黙々と追ってきます。 何かおますな?と成り行きを見守っているとありますねん。そうやないと黙って付いてくるだけのキャラクターにスター女優を配するはずがおません。

 いかに逃亡の旅でも、瀧蔵親分も男でおます。一夜の宿をかつてなじんだ女に頼もうと女のもとを訪ねることを思いつきます。最後に残った子分3人(東野英治郎、加東大介、加藤嘉)と金魚のフンのように付いてくる山出し娘を連れて、ここからが落ち目の三度笠の瀧蔵親分、女難の旅の始まりとなるのでおます。



続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。