--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-10-23

私家版加藤泰論への道 これでラストかもしれない生誕記念上映

                         加藤泰パンフ101011

 来月4日から東京・池袋の名画座で、「生誕100年 加藤泰」という上映会がおますな。
 さすがに今年は加藤泰監督の生誕100年を記念した映画会がモテモテでおます。確認できただけでも国立近代美術館フィルムセンターでの特集を皮切りに京都(京都府文化博物館)、神戸(神戸映画資料館)、大阪(シネ・ヌーヴォ)と、あちらの世界に旅立った映画監督が遺した映画群が花咲き、今度の池袋での上映会が生誕記念のラストを飾る催しになるかもしれまへん。

 特筆すべきは、かつて加藤泰監督の映画が上映されると知ったら、どんなこともさておき駆け付けていたボクが、今年の一連の催しには一度も参加していないことでおます。エンジン切れを起こしたんでっしゃろか?
 冒頭に掲げた写真は、およそ30年以前、加藤泰監督がこの世から消えて数カ月後に行われた追悼上映会で、日替わりでトークショーに参加した加藤泰映画ゆかりのゲストメンバーのサインの寄せ書きでおます。
 場所は、同じく池袋の名画座。もっとも今ある名画座はその後、建て替えられたものでおますが、当時のその名画座は昔ながらの映画小屋の趣きを残した劇場でおました。当時、この名画座に関係していた友達が気を利かせてゲストにサインを依頼し、後日、ボクに手渡してくれた、ボクには期待もしていなかった記念品でおます。
 ♪時世時節は変わろとままよ~の歌詞の文句にある通り、自署のサインを遺してくれたこれらの人たちの名前を見ると、既に加藤監督のもとに参集している人も多く、あちらの世界で皆で加藤監督の「よ~い、アイッ!」の掛け声を楽しんでいるのかな?

 今回の来月4日から始まる特集上映に予定されている映画は20本でおます。

文芸坐加藤泰161026


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。