2016-05-18

つっころばしの「三百六十五夜」

 三百六十五夜 160521


先の大戦終了から3年経った1948年製作の新東宝のメロドラマでおます。
 小島政二郎の小説を館岡謙之助が脚色、監督はまだ若かった市川崑でおます。映画は前編、後編の二部作で封切られておりますが、その後、総集篇として一本の映画にまとめられたようで、よほどヒットしたのか、普段とんと映画には縁のないわが母なども若いころに観たと言っておりましたな。
 今回、ボクが観たのもその総集篇のほうで、CS放送で流れたのをキャッチ。本来、前後編の2本の映画を2時間少々の一本の映画として観るのでおますから「あれ、辻褄合ってないじゃん」なんてところもおますねんけどね(笑)

 戦前からの二枚目スター・上原謙と同じく戦前からの娘役スターだった山根寿子との悲恋ドラマで、この2人に上原謙を追いかける高峰秀子が絡むという塩梅。デコちゃん、この映画の6年後に小豆島の先生を演じとります。歴史に残る東宝争議があった年の映画で、
争議がきっかけで山根寿子、高峰秀子は長谷川一夫や大河内傳次郎らとともに所属していた東宝から離れ、争議がきっかけで生まれた新東宝の映画として出演したのでおますやろね。

 それはさておき、この映画のイケメン・上原謙は、この手のドラマらしく、つっころばしでおます。
 つっころばしーちょっと肩でもつつけば、すぐに転んでしまいそうな色男で、金のない頼りなさが身上で、そのくせ色恋には積極的ながら何の力もない男のことでおます。
 昔から色恋のドラマで主人公は多く、つっころばしが定石で、この映画も伝統的な定石を踏まえているわけでおます。

 上原謙さん、親が決めた政略結婚の話から逃れて大阪から東京に逃げてきます。結婚の相手は金持ちのお嬢ちゃんの高峰秀子というわけで、デコちゃん、珍しく大阪弁に挑戦しとります。活発なお嬢ちゃんで、父親が東京にも事業の手を延ばしているため、時々東京にも現れるという設定で、この高慢で気の強いお嬢ちゃんを徹底的に嫌い抜いている上原謙さん、デコちゃんが慣れない大阪弁を駆使しているというのに、大阪出身の青年はなぜか標準語なのでおます。

 さて、上原さんが下宿先に選んだのが、閑静な住宅地に住む山根さんチでおます。実の母親の吉川満子となぜかチック症の気があるみたいなお手伝いさんの一の宮あつ子の女ばかりの家でおます。上原さん、山根さんをひと目見て山根さんに強く心を魅かれちゃいます。早速、つっころばしの本領発揮でおますな。

 ところが……。


続きを読む

関連記事
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事