--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-04-24

花のお江戸で浪花の映画が・・・

チラシ 160423大阪の映画

 お江戸に住むお友達がメールで『がめつい奴』を観たよと知らせてきました。
 『がめつい奴』といえば、東京・芸術座(現・シアタークリエ)で人気を博した東宝現代劇の舞台でおます。作・演出は菊田一夫、主演・三益愛子の半世紀も以前の、大阪・釜ケ崎のドヤ街(日雇い労働者向けの簡易宿泊所の街)が舞台の作品で、お友達が観たのは、その映画化作品(1960年、東宝、監督・千葉泰樹)でおます。

 メールで「最近は釜ケ崎を舞台にした映画やドラマはとんとお目にかからない」と、お友達は記しておりましたが、旬日して、そのお友達から例の東京の名画座のチラシが送られてきました。
 その中で目に止まったのが、神保町の名画座で公開が始まったばかりの「桂文珍コレクション 大阪と映画」という特集上映でおます。
 大阪を舞台にした映画8本を上映するという特集で、「なんで文珍が選んでるねん?」という疑問はさておき、大阪の芝居といえばヨシモト新喜劇だけやないねんでという映画群でおます。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。