2015-12-27

健坊と原節ちゃんとスミコさんと

                         高倉健メモリーズ 151222

 久しぶりのショボブログ更新が、今年最後の更新ブログになるかもしれまへん。
 それはともかく・・・・・

 昨年11月にあの世へ旅立った高倉健の50数年に及ぶ事績を記録するソフトカバー本がキネマ旬報社から出版され、先日、書店を覗くと、さすがに旅立ち1年を経ても健坊は大スター、発売直後のせいか、田舎の書店でも平積みで店頭に並んでおり、買っちゃいました。

 その表紙が、画像にあるトシ経た健坊の笑顔の写真でおます。
 実は出版前に、この「高倉健メモリーズ」と称する書籍の執筆陣に名前を連ねている北海道在住の友達から連絡があり、12月に出版されることを知ったのでおますが、くだんの友達が言うには編集者はおおむね年代の若い人ばかりで、ほとんど健坊の任侠映画時代のことは知らないということでおました。

 そりゃそうですやろねぇ。
 健坊が斬った張ったの任侠映画の大スターだったのは、もう40年近い過去のことでおます。むしろ、現在は任侠映画時代以後のむっつり健さん、中年域に入った高倉健のイメージが大きいですもんね。そして、やがて文化勲章という栄誉に輝いた『日本映画最大の映画俳優』になった稀有な存在のスターさんでおます。

 でも、ボクはもやは古い人間なんですやろね。
 新刊の「高倉健メモリーズ」を買ったのも、女房が黄色いハンカチをなびかせて自分を待ってくれていると信じたい出所者にも、大吹雪の中を行軍する軍人さんにも、降雪の重さよりも人生の重さを背負っているような鉄道員さんにも、女房の死後、ロードムービーする刑務官にも、内田吐夢監督の「宮本武蔵」シリーズ以来の時代劇で老人暗殺のテロリスト集団の親玉にも全然興味はなく、健坊を『大スター高倉健』たらしめた任侠映画時代、もっと言えば、それ以前のあまり目立つことのなかった『東映スター高倉健』だった時代がどう評価され、振り返られているのかに興味の的があり。だから「買っちゃいました」なのでおました。

 とはいえ、まだ買っただけでページを繰っていないのでおますが・・・・・・。

 昨年の健坊の幕引きに続き、今年9月、女優として姿を消した原節子さんも95歳という高齢で、あちらの世界に引っ越しをされました。


続きを読む

関連記事
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事