--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-07-14

チラシを見ても映画を観たことにはならねえ31

                       チラシ 150713京マチとお富士さん

 またまた、花のお江戸から名画座のチラシが送られてきました。
 現在、いかにお江戸の名画座とはいえ、存続の危機に常に襲われていると聞いていますが、にしても『大和は豊穣の麦の秋』を真似れば、『お江戸は豊穣の映画の夏』でおまんな。田舎から眺めれば羨ましい限り・・・・・・。
 にしても・・・・・・
 今から50年前、あるいは60年、70年近い以前の映画を銀幕に映し出したとしても・・・・・そのころ、映画界で活躍していた監督やスターたちのことを現在、どれくらいの人が知っていて名画座に駆け付けていることか! 「懐かしの」という意味ではなく、「温故知新」の意味で名画座も企画してはるんやろと思いますが、それこそ「懐かしの」だけでは観客席はじいちゃん、ばあちゃん、あるいはおっちゃん、おばちゃんだけになってしまいますがな。
 若い人たちが集まり、往時の映画の懸命さ加減、真摯さ加減、アホくさ加減、ヌケ作加減を当時の美男美女スターともども楽しまれんことを! にしても、今、たかが古い映画に時間と料金を惜しまない若い人がどれくらいいるのやら・・・・。

 ということで、今回のトップバッターは東京・池袋の名画座で上映された「艶と凛 大映に咲いたふたつの名花 京マチ子と山本富士子」から。
 大映という映画製作会社はもう存在しとりませんが、京マチ子、山本富士子という、当時、大映映画でケンを競った女優も今や休眠状態でおます。殊に山本富士子は五社協定で映画界を閉めだされて既に半世紀。その後の主な活躍場所となった舞台からも遠ざかってはります。
 お富士さんといえば、セリフ一本調子の大根と揶揄されたものでおますが、「夜の河」(56年、監督・吉村公三郎)の淡い恋に破れ、仕事一筋に生きようとする京都のおねえちゃん、その京都のおねえちゃんで巧みな京都弁で周囲をひっかき回した「彼岸花」(58年、監督・小津安二郎)の蓮っ葉な感じの娘さんが思い出され、特集には取り上げられていなかったけれど、戦傷いえない父親や酒乱気味の母親、身勝手な妹たち家族の犠牲になる「如何なる星の下に」(62年、監督・豊田四郎)のしっかり者のお姉ちゃんも印象深いものでおます。
 小津映画にはたった一本の縁しかないながら、先月行われた小津安二郎の記念碑建立ではゲストに招かれ、三重県の伊勢を訪れていたとか。伊勢は映画界に入る以前の東京生まれ、育ちの小津安二郎が10代の中期からおよそ10年間、過ごした土地でおます。齢80を越えたお富士さんを新聞記事で拝見しましたが、さすが、あたりをまぶしくするような「華やかさ」は健在だったようでおます。
 一方の京マチ子といえば・・・・・
 伝え聞くところによると関西で病がちの身を養っているとか。京マチ子といえば、この特集でも取り上げられていた「偽れる盛装」(51年、監督・吉村公三郎)の「うちら、肉体派どすよってにな」と戦闘魂ムキムキの芸者君蝶と「人間はなぜ死んでしまうんでしょうねぇ」とフーテンの寅に力なく呟いた「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」(76年、監督・山田洋次)で見せた浮世離れしたような奥さまをすぐ思い出してしまいます。

                      チラシ 150713戦後すぐの映画

 次なるは、やはり出ました、「戦後70年特別企画」。節目、節目は多彩な催しの格好の題材でおます。
 神保町で8月一カ月を通して予定されている「1945-1946年の映画」がおます。
 日本の主要都市が焼土と化した敗戦直後、「映画どころやないわ」と生きるのに必死な生活者がいた一方で、まさに生きるために映画界もいち早く商品を提供し続けたというのがよくわかる企画でおます。そこには理屈はいらん、ただ楽しんでくれたらというようなレビュー映画あり、オペラまがいの映画あり、チャンバラができない禁止令を逆手に取ったような時代劇あり、はたまた戦中の権力者を糾弾した映画あり、まさに生きるために悩み抜く女たちを描いた映画ありとさまざまでおます。
 特集の中で戦後、いち早く公開されたのは「伊豆の娘たち」(松竹、45年、監督・五所平之助、公開日45年8月30日)とおますが、製作は8月15日以前から始まっていたようで、完全に戦後生まれの第1号は「リンゴの唄」がヒットするきっかけとなった「そよかぜ」(松竹、45年、監督・佐々木康、公開日45年10月11日)だったそうな。
 お勧めはマキノ正博監督による「グランドショウ1946」(松竹、46年)。ウエイトレス(高峰三枝子)とコック(森川信)のオペレッタなラブコメディ-でおますが、当時SKDのレビュースターだった水ノ江瀧子がサロメのような扮装で延々、一人で踊りまくるシーンは絶対のみものでおます。



 
 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。