--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-10-27

学徒は出陣する「花の白虎隊」

                       「花の白虎隊」141026

 早世した大映時代劇の市川雷蔵(1969年没、亨年37)の映画初出演作品「花の白虎隊」(1954年、脚本・八尋不二、監督・田坂勝彦、撮影・牧田行正、助監督・田中徳三)は、戊辰戦争を舞台にした時代劇なのに、まるで太平洋戦争時の学徒出陣映画のようでおました。
 明治維新で官軍と戦った会津藩のお話でおます。時の権力態勢が代わり、かつて京都守護職として徳川政権を支えた会津藩は、最後の将軍、徳川慶喜が簡単に白旗を上げたため、振り上げたコブシの下ろしように困った薩摩藩・長州藩などの官軍によって賊軍とされてしまいます。官軍の攻勢は会津藩に迫っとりますが、京都から自藩に戻った藩主、松平容保(原聖四郎)はヘロヘロ状態。壮年の家臣たちは戦争に出払っており、重臣たちの決議で銃後を守る15歳から60歳までの男たちの総力を結集し、迫り来る官軍の攻撃に備えようとします。
 そこで登場したのが、少年義勇兵の白虎隊でおます。雷蔵や勝新太郎など、藩校に通う成人前の前髪立ちの少年がメンバーでおます。雷蔵はともかく、雷蔵とともにこの映画がデビュー作でもある勝新の前髪姿がちょっとみものでおます(笑)。



 
 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。