--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-24

チラシを見ても映画を観たことにはならねえ26

              チラシ1 高田140509

 すっかりご無沙汰ぶりが板に付いてしまった、このショボブログ。。
 なにしろ、映画を全然観ていないから書きようがないし、お江戸在住のお友達さんから、いつものように名画座のチラシが送られてきているにも関わらず、放置状態。
 これはいくらなんでも怠け過ぎだぞと自らを叱咤して、ようやく再開のトバ口に就いたのでおます。
 
 さて、4月から東京・阿佐ヶ谷で上映中の特集は珍しくシナリオライタを取り上げております。「鉄腕脚本家 高田宏治」がそれ。6月14日までの特集だから、あと1カ月。
 まだ日本の映画会社が単独で多くの映画を生産していた時代、そう、まさに工場の観があったころ、高田宏治といえば東映時代劇ややくざ映画が全盛期にあった中、常に傍系を歩んでいたライターでおます。その時代、映画化された作品は2本立て上映のウリの映画にプログラムされた添え物映画が多く、あまた活躍する先輩ライターの後塵を拝していたわけで、だからこそ「東映映画のアルチザン」という彼の著書がある所以ですやろうか。彼が第一線に躍り出るのは、その先輩ライターたちが東映城、あるいは東映村を立ち去った70年代半ば以降でおます。
 チラシを送ってくれるお友達さんが先日、特集に取り上げられている安田道代(現・大楠道代)主演のやくざ映画で、大映作品「関東おんなド根性」(1969年、監督・井上昭)を観てきたそうで、その感想が「どこがド根性やねん」というもの。そりゃアカンわ。当時の大映のこの手の作品はおもろないが通り相場でしたもん。
 その前に彼は鶴田浩二主演の「博奕打ち」シリーズの2作目「一匹竜」(1967年、監督・小沢茂弘)を観るつもりだったらしく、彼から「(内容的に)どない?」と問い合わせがあったのがきっかけで、僕は僕で録画してあったこのシリーズを観まくる始末でおます。当然、「一匹竜」も観たのでおますが、劇場で観た当時、場内の爆笑を誘ったラストの丹波哲郎のセリフは、あれからン十年経っているというのに、やはり爆笑物だったことを確認したりして・・・・。

 さて、特集でも取り上げられている「鬼龍院花子の生涯」(1982年、東映・俳優座映画放送、監督・五社英雄)の思い出話でも・・・・・・。
 この作品は『薄幸の美女』を地でいったヒロインの夏目雅子がラストで「舐めたらいかんぜよ!」とタンカを切ることで知られておりますが、宮尾登美子の土佐物小説の映画化作品の第一弾で、この作品のヒットを受け、その後、宮尾作品の映画は連作されとります。男が主役ばかりだった東映映画も美空ひばり、藤純子以来、久々の女性が主役の活劇映画の始まりで、これが岩下志麻や十朱幸代、三田佳子などが極道一家の恐い姐さんを演じた「極道の妻たち」シリーズへ続いているわけでおます。
 その記念すべき「鬼龍院花子の生涯」でも、決して笑わぬ、氷のような冷たい表情で極道一家の姐さんを演じている岩下志麻を僕は試写会場で見かけたのでおます。いえ、舞台上ではあらしません。まだ舞台挨拶をする直前のことでおます。
 時は1982年5月8日。当時、東映に勤務していた友達の招きで試写会場に赴き、その友達を事務所に通じるエレベーター前で待つ間、数人の男性に囲まれるようにしてサングラスをかけた、妙に派手派手しい(俗にいうケバい)服を着た女性がエレベーターに向かって歩いてきました。
 サングラス姿で目を隠した顔をみじんも動かすことなく、簡単には人を寄せ付けない感じでおます。そして、キッと前を見据えて歩く、ケバい衣装の女性は明らかに水商売風でおます。男性の中で紅一点の彼女に目を奪われた僕は「どこのホステスやねん」と思いながらエレベーターに乗り込む一団を目で追っていたのでおますが、エレベーターに乗り終えた彼女が正面に向き直った途端、「あっ、岩下志麻やん!」だったのでおます。依然、表情を変えることはなく、サングラスで隠れた目はどこを見ていたのやら、やがて、エレベーターの扉が閉まり、一団は僕の視界から消えたのでおます。
 その後、僕は試写会場の一角に座を占めたのでおますが、映画上映の前に映画の出演者たちの舞台挨拶があり、仲代達矢や夏目雅子らとともに岩下志麻も舞台上に登場しました。ついさきほどのケバい身なりのホステス風とは一転、あでやかな着物姿で終始、にこやかな笑みをたたえた姿はエレベーター前の人を寄せ付けない雰囲気など微塵もあらしません。
 まさに「女優!」を実感した一幕でおました。

 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。