--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-20

チラシを見ても映画を観たことにはならねえ23

              チラシ1 赤木131119

 東京・池袋の名画座で今月25日まで開催中の中村錦之助17回忌特集の『錦之助よ、永遠なれ!』は錦之助が最も躍動感のあった時期の映画20本が上映される催しでおますが、東映時代の錦之助と最も共演作が多かった2代目東映3人娘のひとり、丘さとみをトークショーのゲストに迎えた初日は超満員だったとか。
 ええことですなぁ。
 初日の上映作品はマキノ雅弘監督の『弥太郎笠』(1960年)と『清水港の名物男 遠州森の石松』(1958年)でおました。ともに若い男女のどうしようもない恋心をマキノ流に魅せる作品でおます。
 その『遠州森の石松』のほうに四国・金比羅宮の門前町にある女郎屋のやり手ばあさんを演じているのが赤木春恵さんでおます。今では東映時代劇映画を観ると現役で俳優を続けているのは、この人と里見浩太朗(浩太郎)くらいという時代になりました。ほかの名だたる主役俳優、脇役俳優、相手役女優などはほとんど鬼籍に入るか、退役組になってはります。

 赤木春恵さん、丈夫で長持ちしてはります。現在89歳とか。さすがに最近では歩行に杖が必要なようでおますが、おそらく現役女優では最高齢の部類に入ってはると思われます。
 戦前に女優人生をスタートさせて、以後、脇役女優一筋70年余。テレビドラマに頻繁に出ることにより、単なる脇役から一枚タイトルの主役級に出世しはりましたが、いかんせん、あまりに長く脇役を続けていたせいか、脇役疲れをして主演を張っても華やかさはなく、地味なおばちゃん止まりであることは残念でおます。
 そんな彼女にふさわしい役柄なのがその彼女が初主演している老人介護のお話で、久しぶりの森崎東監督の『ペコロスの母に会いに行く』が公開されとります。
 名画座で上映されているのではない、全国公開の新作映画で、いまだに東映時代劇の中でひとり奮闘してはる赤木春恵さんの「祝初主演」を記念し、今回のこのコーナーは新作映画からでおました。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。