--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-24

 豆腐屋の味だった「青春放課後」

              青春放課後1 131014
              (右から)小林千登勢、宮口精二、西口紀代子

 NHKでよく放送されているアーカイブ番組。膨大な残存映像の中から何かにひっかけて再放送される番組枠でおますが、先日の体育の日の朝、小津安二郎監督が長年住んでいた神奈川県鎌倉市のお友達の一人で、自身の映画でもしばしば原作、原案として協力していた作家の里見弴と共同で脚本を執筆したドラマ「青春放課後」が放送されました。
 小津安二郎があの世に旅立つ半年前の放送で、1963年の作品。まさに半世紀前の作品で、小津の珍しいテレビ作品に驚くより、「よ~う残っとったな」と、そちらの方が驚きでおます。というのも、フィルム作品ならともかく、当時のスタジオ収録作品の多くが生放送だったため、ソフトとして残せなかったことがしばしばテレビ関係者の回顧談として聞かされ、番組を収録するビデオテープがまだ高価だったため、テープに録画しても次の番組で上書き保存されていたからでおます。
 1963年といえば、日本でテレビ放送が始まって、およそ10年。スタジオ制作のドラマ、バラエティー番組はまだ保存ができなかったのですな。たまに古い作品が掘り起こされるというのは、使い回しのビデオテープから洩れていたのかな?

 さて、「青春放課後」、小津さんがよく言っていた「豆腐屋はカンモは作れてもトンカツは作れねぇ」の言葉通り、「お茶漬の味」ならぬ「豆腐屋の味」でおました。
 京都で大学生活を送った教授の宮口精二と会社重役の北竜二が出てきます。宮口精二といい、北竜二といい小津映画の常連でおますが、このおっちゃん2人に絡むのが京都から東京へ遊びに出てきた小林千登勢でおます。この時代、おっちゃんたちが大学生活を送ったのは逆算すれば、小津映画の大学物の時代かなと推測されます。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。