--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-24

独りキリキリ舞いの「悲恋おかる勘平」

              悲恋おかる勘平

 「色に耽ったばっかりに……」の男の何とも間ンの悪いお話でおます。
 人形浄瑠璃&歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」で、主君が引き起こした殺人未遂事件のために運命が変わってしまった家臣たちの悲劇を象徴するようなイケメン(二枚目の役どころですので)の家臣、早野勘平を主人公にした邦枝完二の原作を依田義賢と斉木祝(稲垣浩のペンネーム)が脚色、松竹大船のメロドラマ監督から東映時代劇の監督に転身した佐々木康が演出する中村錦之助(のちの萬屋錦之介)主演の1956年製作の映画でおます。

 ついでに記せば、助監督は加藤泰。戦後、大映京都の助監督時代、レッドパージを受けて貧乏プロダクションでの時代劇映画の監督を経て東映京都に移籍した加藤泰は再度の助監督時代、主に佐々木康のチーフ助監督を務め、この映画の翌年(1957年)早々、大友柳太朗主演の「恋染め浪人」で東映時代劇の監督として一本立ちしてはります。
 さらに、ついでに記せば勘平さんの女房おかるを演じているのは千原しのぶで、東映時代の加藤泰の監督作品に千原しのぶが出演しているのは3本程度でおますが、この東映城初代お姫さま女優だった千原しのぶは加藤泰のお気に入りの女優の一人ではなかったかなと思っております。

 東映時代劇への自社俳優の出演は特に監督が希望しない限り、ローテーションによる配役だったと聞いており、千原しのぶの加藤泰映画への最初の出演作は「源氏九郎颯爽記 濡れ髪二刀流」(1957年)でおますが、この時代、加藤泰はまだ一本立ちの監督になったばかりで、まだ実績がおませんからプロデューサーによって決められた配役を受け入れるしか仕方おません。
 それが10年近いのち、加藤泰を加藤泰たらしめている傑作「車夫遊侠伝 喧嘩辰」(1964年)に千原しのぶは脇役ながら男まさりの姐さん役で顔を見せており、3年後には加藤泰の戦後三部作の最終作「懲役十八年」(1967年)にもセリフのない、チラリ出演ながら服役する男(水島道太郎)を見送る女で出ており、「あの役は千原しのぶでなければならなかった」というようなことを加藤泰は発言しとります。
 思うに「自分の意思をはっきりと持った強い女性」が加藤泰の永遠のマドンナであったことから、単なるお姫さま役女優ではなくなった千原しのぶにも、加藤泰は自分の理想の女性像を託したのでおますやろうね。

 さて、映画「悲恋おかる勘平」でおます。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。