--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-27

出逢いが遅かったのね「惜春」

              惜春130626

 女房持ちの男とバツイチの女が愛し合うようになった時、常識の壁を飛び越えられない2人に待っているのは別れでしかないというのが、この1952年の新東宝映画「惜春」でおます。
 主演の男女は息子の加山雄三とは違い、端正な二枚目の上原謙と面長な顔立ちが見ていていささか疲れる山根寿子で、いずれも戦前からの美男・美女俳優でおます。

 上原謙の奥さん役に笠置シヅ子が扮し、彼女は人気歌手という設定でおますが、現実にも当時、ぶち切れたような、やけくそな歌い方で「ブギの女王」と言われた人気の歌姫でおました。しかし、僕は歌を歌わなくなった、コメディーリリーフの女優となった以降の笠置シズ子しか知りまへん。
 ほかにも、この笠置シヅ子の取り巻きにマネジャーの伊藤雄之助、作曲家の田中春男、レコード会社のディレクターの清水将夫や斎藤達雄、上原さんの同僚の清水元など、多分、この映画のプロデューサー(小川吉衛、高木次郎)つながりの出演? と考えられるような名優たちも出てきてますが、主人公たちの話にはほとんど絡まず、映画の大半が美男美女の2人によって進められていきます。

 1950年代、大映の時代劇、現代劇の人気監督だった木村恵吾のオリジナル脚本を、新東宝に出張って本人が監督もしている作品でおますが、お世辞にも美人とは言い難い笠置シヅ子を妻に持っている上原謙にしてみれば、訳ありな美人の山根寿子を目の前にすればクラッとくるのも無理ないわ~なんでおますねんけどね^^


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。