--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-30

読み切り短編小説のような「其の夜の妻」

              其の夜の妻130427

 小津安二郎監督の1930年、岡田時彦が主演する松竹蒲田作品(脚本・野田高悟)でおます。
 同じ岡田時彦主演の小津映画であっても「淑女と髯」のすっとぼけたような味の喜劇とは違い、こちらはえらく深刻な映画でおます。なにしろ、主人公がピストルを手に銀行強盗をやらかし、刑事に追われる話なのでおますから。 

 冒頭、主人公が銀行強盗をするシーンから始まるのでおますが、銀行のやけにノッポな、何本も円柱が立っている外観、その周辺のビル街、石畳のような舗道などを観ていると、ここは日本かい?? なのでおます。もちろん、東京の(多分)丸の内あたりのオフィス街にある銀行を舞台にしているのでおますやろうけど、この時代のアメリカ映画でも観ているような錯覚に陥ります。
 若いころの小津安二郎は熱心にアメリカ映画を観ていたそうで、その感覚が自作の映画にも採り入れられていると言われてますが、このオフィス街の舞台設定って、完全にアメリカ映画の影響かな?
 にしても、銀行外観の何本も並んでいるノッポな円柱、表面は波型に装飾されておりますが、ロケだったのか、それともパルテノン宮殿に立っているような聳える円柱を何本もセットで作り上げたのか。 

 まだ若い、この銀行強盗、家に帰れば妻と小さな女の子がいるお父ちゃんでおます。
 その幼い娘が病気で寝込み、その治療費稼ぎに強盗を働いたことが徐々に分かってきます。


                                       

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。