--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-28

チラシを見ても映画を観たことにはならねえ18

              チラシ独立プロ映画130328

 東下りをして2年、そのまま居着いてしもたようなお友達から映画のチラシが送られてきました。
 お友達はせっせと浪華ではめったに観られない過去の映画をいろいろ観ているようでおますが、テレビ放映はともかく、封切映画以外、過去の映画作品をもはや花のお江戸でしか日常的に観られないのは映画興行の末期的症状でおます。しかし、それもむべなるかな。観客が集まらんことにはどうしようもおません。
 上映小屋によっては、いかな花のお江戸でも、時間を持て余したお年寄りの行き場をなくしたようなサロンのようでは……。千年の都の京都にある公共施設の上映ホールも、同じような感じでおますけどね。

 さて、今回は名画座の上映プログラムではおませんが、日本の独立プロの映画から……。
 来月、神奈川県川崎市で「シネマテーク・コレクション 戦後の風景」と題して独立プロの作品12本とニュース映画の上映があるそうな。川崎で独立プロ映画の上映って、意味深ですな(これ、分かる人は詳しい人でおますな)。
 かつて1940年代後半から60年代にかけて、日本映画界では左翼系映画人による独立プロダクションの映画製作が盛んでおました。大手資本の映画会社6社(当時)によらない、既存の映画会社が触れようとしない諸々の社会問題をテーマに自分たちが作りたい映画を製作するという意気込みの映画でおます。
 もちろん、映画を製作はしたものの、流通(配給)ルートの問題もありましたけどね。当時は(今もだけど)配給網は大手の映画会社の独占状態で、上映ルートをどう確保するかが映画製作に関わったプロデューサー、監督などの手腕の見せどころでおます。
 最初から既存の映画会社との提携製作なら上映ルートは心配おませんが、これでは資本の割合によって映画会社の意向が関係し、純粋に製作者たちの意図は反映しにくいものでおます。配給だけを映画会社の配給網に委託すれば当然、興行収入のほとんどを配給網側に持っていかれます。自主上映では会場の確保に奔走しなければならないうえ、観客は限定されてしまうため、同時に収益も限定されてしまいます。
 資本主義の日本の中で、製作する映画の内容はともかく、常に資本(お金)の確保という問題と闘っていたのが、かつての日本の独立プロでおました。
 「シネマテーク・コレクション 戦後の風景」の催しと呼応はしとりませんが、「独立プロ名画特選」とネーミングされた独立プロ映画のDVD26本が今年から順次、発売されているそうでおます。
 ほとんどモノクロの地味な作品(独立プロならでは)ばかりでおますが、既に映画史上の一コマとなってしまった、かつての独立プロの映画を総覧するには面白い企画なのでは?


 
 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。