--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-28

捨て身は捨て身でもの「捨て身のならず者」

              捨て身のならず者120927


 ちょっと「看板に偽りありだよ」と思ってしまうような、高倉健主演で石松愛弘、沢井信一郎の脚本を降旗康男が監督したハードボイルド風作品(1970年、東映東京)でおます。

 タイトルの「ならず者」は健さん扮する主人公を指しているのでおますやろうけど、これが少しもならず者やおまへん。彼がよく演じた首尾一貫して己の信念を貫き通す主人公であり、むしろ、ならず者は彼が追い詰めていく組織暴力団のおっちゃんたちでおます。しかし、おっちゃんたちからすれば、自分たちに盾をを突く主人公はならず者なんでしょうけどね。

 いやいや、こういう矛盾するタイトルとなったのも、時代のせいでおますな。
 1970年といえばEXPO70の日本万国博が開かれた年であり、日本は好景気に沸きに沸いていたころでおます。
 同時に、東映のやくざ映画も全盛期の終わりの始まりだった時代でおます。ということは、高倉健の映画を小屋に掛ければ、まだまだ観客動員が見込まれたころでおました。
 モノは健さんは堅気の役で、やくざに扮した内容でないにしろ、高倉健主演とあれば派手な、猛々しいタイトルでなきゃアカンということで、この作品のプロデューサーの俊藤浩滋、矢部恒のイケイケドンドンぶりがうかがえるタイトルでおます。
 ま、「捨て身」ということであれば、あながち間違いやおませんですけどね。

 健さんは、組織暴力団の実態を暴こうとするフリーライターでおます。
 堅気の役でおますから、いつものドスをペンに持ち替えて頑張るのでおますが、スーツにトレンチコートがサマになっているのも「役者やのぉ~」なんでおますな。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。