--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-25

お師匠さん、甘かったねの「怪談三味線堀」

                    怪談三味線堀1 120829

 大映時代劇や新東宝時代劇に比べれば、あまり怪談映画に色気を示さなかった1962年の東映時代劇の怪談映画でおます。松竹時代劇によくシナリオを提供していた柳川真一の脚本に監督は何でもコツコツ、それなりに屋さんだった内出好吉でおます。

 おおまかなストーリーは三遊亭円朝の「真景累ケ淵」をちょい戴きでおます。ただし、親の因果が子に祟るという因果話でないのが惜しおますけどね。
 男嫌いで身持ちが堅く、江戸で評判の美貌の踊りの師匠、おせん(千原しのぶ)が男に対する免疫ができていないばかりに、遊び人の宗次郎(品川隆二)にコロッとまいってしまいます。宗次郎にとっては、おせんのような、いささか年増ではあるけれど、ウブな女をわがものにするのはお手のもので、2人は簡単に男女の関係になってしまいます。
 さぁ、そうなると、おせんは明けても暮れても宗次郎第一で、しっぽり濡れてばかり。おせんの舞踊家としての将来を心配する家元(三浦充子=光子)がどんなに意見をしても、身の周りの世話をしている女中のおとき(赤木春恵)がどんなに渋い顔をしても、おせんさん、聞く耳、見る目を持ちまへん。
 ところが、以前から「パトロンになってもええよ」と、おせんに言い寄り、そのたびにフラれていた大店の主人、越後屋(原健策)は、おせんが若い男と乳繰り合っているのが面白うおまへん。この越後屋の娘のお吉(北沢典子)がおせんの弟子でおますが、お父さんは「せっかく俺が面倒見てやると言っているのに…」と日ごと、嫉妬は増すばかり。そこで、越後屋さん、一計を案じ、宗次郎と顔見知りの遊び人、仁蔵(加賀邦男)を使って、おせんの顔に煮え湯を浴びせかけ、大けがをさせてしまいます。
 「真景累ケ淵」の豊志賀は顔に腫れ物ができますが、おせんは煮え立った熱湯を浴びて、まるで「春琴抄」でおますな。「春琴抄」の佐助はそれでも忠実な下僕として側を離れまへんが、宗次郎というチャラ男はそんな代物やおまへん。

 ここまで述べてきて、ふっと思ったのでおますが、こんな町家のお話、いつもいつもお侍さんが主人公だった東映時代劇には珍しく、しかし、怪談物といえば、なぜか町人世界のお話が多く、侍映画ばかりだった東映時代劇に怪談物が少なかったのも、むべなるかなでおますな。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。