--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-22

♪「時世 時節は 変わろと ままよ……」

                関東果し状110603
                 鶴田浩二(「関東果し状」=1965年、監督・小沢茂弘)

 新聞報道によると(朝日新聞11月22日付)、東映京都撮影所が「暴力団排除宣言」を出したとか。

 なんだかねぇ~。

 一瞬、「こりゃ、ギャグ?」って思ったのはボクばかりではなかったのでは?

 だって、東映という映画会社、特に京都撮影所は創立以来、映画界では最も暴力団関係者たちとは縁の深い拠点だったのだから。おかげで、そういうこともあって東京の俳優業界では「東映京都撮影所は怖いところで気が抜けない」と噂されていたとか。
 それに1960年代中期から80年代前期にかけて、京都撮影所をベースに着流し物であれ、背広物であれ、「やくざ」をネタにした映画で大いに儲けた映画会社であり、そのため、やくざの現役組が所作指導を名目に撮影所内をウロウロしていたり、卒業して一般人になった引退組が俳優をしていたり、スタッフになっていたりって有名な話でおます(引退組が働いていたということは、更生事業に寄与していたことでありますが)。
 友人の話によると、東映の商標である例の三角マークには、やくざの世界とのつながりを示す意味も込められているそうでおます(真偽のほどはわかりません)。






 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。