--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-27

夏の終わりに「東海道四谷怪談」

東海道四谷怪談110828


 ハイ、夏の終わりには、やっぱり、おなじみの四谷怪談でおます。って言っても、平成の世の中ではもはや、おなじみではないかもしれません。
 それに、こんなコケおどし芝居より、現実の出来事のほうがよほど怖いことがありますもんね。月曜にも政権与党の代表が決まるかも…という中で、おなじみ昭和の遺物がまたもや暗躍しとります。この人、党員資格停止中、裁判待ちながら堂々と金と数の風を吹かしとりますな。
 こっちのほうが、よほど怖い(怖さの質が違うって?)。

 中川信夫監督の、世評高い「東海道四谷怪談」は1959年、経営不振にあえぐ大蔵体制下の新東宝映画でおます。新東宝末期の作品ゆえか、中川監督がヤケクソ気味で、こってり怪談映画の粋を見せたというような評判もおます。

 これも、男と女の闘いでおますな。
 貧乏にあえぎ、古女房を捨てて新しい女に乗り換えた男と、皆によってたかってコケにされ、最後は面相まで醜く変えられて憤死する女との壮絶な「いくさ」でおます。

 初めてこの作品を観たのが25歳の時。以来、何度か観ているのでおますが、色付き映画であることを生かして戸板返しに始まるお岩(若杉嘉津子)が伊右衛門(天知茂)を猛襲していくシーンは泥絵のような色調で「おお!!」となるものの、観るたびに忘れていってしまう、ボクのとっては不思議な映画でおます。

 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。