--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-31

マキノさんのご町内映画の「捨てうり勘兵衛」

捨てうり勘兵衛110731


 大友柳太朗扮する主人公の浪人が別れた女を忘れられず、煩悶するマキノ雅弘監督の「捨てうり勘兵衛」(東映京都、1958年)は、碌を離れた侍が江戸の町で生きる浪人映画でおますが、マキノ雅弘の手にかかると主人公が浪人であっても、たちまち貧乏な町人たちが周囲に集まってくる、マキノ独特のご町内映画になってしまいます。

 相思相愛の女(大川恵子)を主君(小柴幹治)に奪われた大友さん、江戸の町で喧嘩仲裁の商売を始めます。そして無理やり、廃品回収が生業の男(星十郎)の家に居候するのでおますが、男の家は貧乏長屋の中にあり、大友さんと仲良くなった堺駿二以下、長屋の連中が事あるごとに大友さんに加勢して立ち向かうという図式はマキノのご町内映画ではお馴染みでおます。立ち向かう相手は権力であったり、不正であったり、やくざであったりとさまざま。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。