--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-30

錦ちゃんだけじゃない東映時代劇

この首一万石2110630


 東京の名画座のチラシを送ってくれた友人が追加するように「こんなんもあるでぇ~」とメールで知らせてくれたのが、池袋の老舗名画座が来月末から予定している「東映60周年 東映時代劇の華」でおます。
 
 ホイ、やっぱ出ましたね^^

 東映が創立60周年を迎えた今年、その還暦の年に創立時から在籍した名誉会長の岡田茂が鬼籍組に入ったのは皮肉なことでおますが、故人の映画界での功罪はともかく、東映創立時から居残っていた人というと、この人以外にいないんじゃないですか? あとは亡くなったり、さまざまな理由で退社したりですね。

 さて、「東映60周年 東映時代劇の華」でおます。
 早速、そのサイトにお邪魔したところ、まだ予定段階で、チラシすらできてまへんが、この特集上映に選ばれた侍スターは大川橋蔵、東千代之介、大友柳太朗のお三方でおます。
 「ありゃ、中村錦之助(後の萬屋錦之介)がおらんやんけ」と言うなかれ。

 錦之助映画に関しては、わがブログつながりで「錦之助ざんまい」のオーナー・背寒さんが主宰する錦之助ファンクラブの上映会が確か、この池袋の名画座でも実施されているため、今回は「東映時代劇は錦之助ばっかやあらへんで」とばかり、わざと錦之助映画は除外したのでおますねんやろね。

 そこで選ばれた一番手が忘れられて久しいトミーこと、大川橋蔵。ほんまにね、背寒さんの上映会ばかりでなく、大阪でもたまに上映されるのが錦之助映画ばかりで、橋蔵が出てこないのは、なんでやねん状態でおます。あっちの世界に引っ越して28年。今や、息子さんがテレビドラマ(「渡る世間は鬼ばかり」)に出ている時代でおます。

 二番手が東千代之介。かつて、東映時代劇が全盛だったころ、錦・千代・橋と並び称されていたものでおますが、この人、錦之助や橋蔵とは異なり、表情が硬く、地味めの印象だったのは否めません。今回予定されている映画を見ると、「おいおい!」とズッコケそうになりました。だって、千代之介映画いうより、ひばり映画ではおませんかいな。

 締めが大友先輩ですね。千代之介、錦之助、橋蔵の戦後派スターと違い、戦前から主役を張っていた人で、戦後のチャンバラ時代劇禁止の時代をくぐり抜け、1950年代初期から60年代にかけて時代劇スターとして返り咲いた、不器用だけど愛すべきおっちゃんでおます。

 上映が予定されている作品を眺めてみると…。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。