--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-25

「孫文の義士団」はたった6人で

孫文の義士団110525


 中国の民主化を学生たちに説く大学教授が1発の銃弾に襲われるところから始まる、公開中の中国映画「孫文の義士団」(2009年、監督=テディ・チャン)は、よくもまぁ、あの中国が製作を許したもんだと、ちょっと驚きの映画でおました。

 といっても、現代中国のお話ではおません。タイトルからも分かるように今は昔の、日本でいえば明治期の日露戦争が終わったころの時代、彼の国では満州族支配の清朝末期のころのお話で、しかも、政治劇なんて小難しい映画ではなく、中国式技闘を駆使したアクション映画でおます。 


 予告編を観て「おもろそうやん」と思いつつ、公開後1カ月以上も放置状態で、ようやく、この映画が上映されている大阪・難波のパークスシネマへ駆け付けたのでおますが、その時、観客はボクを入れて6人。レイトショーやおません。
 すごいですね、大阪の繁華街にあるシネコンで、観客がたった6人というのは。
 とはいえ、その日は割引デーだったものの、公開されてから1カ月以上も経っていれば、しかも割引デーとはいえ平日であれば、客入りが少ないのも仕方ないことではおますけどね。

 それで、どうだったかといえば「おもろかった」です。

 しんねりむっつり、いっこうに気持ちの晴れない私小説的映画やマンガを原作にする映画ばかりで、ほかに頭が働かない昨今の日本映画と比べたら、お気の毒の限りで「比べんといて」と、この映画に言われそうですが、いかに世界市場をにらんで製作費を投入している映画であっても、わが日本映画よ、何しとん? と首をうなだれて帰途に就かざるを得ないのは間違いおません。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。