--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-28

「祇園の姉妹」で今に通じるもの

祇園の姉妹110319


 父親のため、兄のために奮起した大阪のおねえちゃん(山田五十鈴)が奮闘努力の甲斐もなく不良少女というレッテルを張られ、夜の大阪の街で立ち尽くしてしまう「浪華悲歌」(1936年、第一映画)とともに戦前の溝口健二監督の名作とされている、同じ山田五十鈴主演の「祇園の姉妹」(1936年、第一映画)をおよそ28年ぶりに観ました。

 といっても、今回はビデオで、ですけどね。
 東京へ移住した友人が、かの地に持って行ってもゴミになるだけ? のちょっと整理しきれないほどのビデオを宅配便で送ってきて、その中にあったのが溝口健二監督の戦前の名作といわれている山田五十鈴主演の「祇園の姉妹」でおました。
 こんなん捨てるんかいな? と不審に思っても捨てる捨てないは所有者の勝手でおます。「そんなら、もろとこ」と新たな所有者となったボクは一夜、これまた28年ぶりに山田五十鈴扮するおもちゃに再会と相成りました。

 「浪華悲歌」はタイトルからも分かるように大阪のおねえちゃん、「祇園の姉妹」もタイトルから分かるように京都のおねえちゃんでおますが、「浪華悲歌」では主役のおねえちゃんはやむにやまれぬ事情から倫落の女になっていくのに対し、「祇園の姉妹」のおねえちゃんは冒頭から「男なんかに食い物にされてたまるかいな!」とばかり、やけに戦闘的であり、男社会に対して真っ向から挑んでいるようなファイターとして登場してはります。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。