--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-28

「私家版加藤泰論への道」8 錦之助との出会い

濡れ髪二刀流

 
 映画技術の進歩で今や、3Dが大はやりですが、あれって、どうなんでしょうね。
 画面から人間が、あるいは怪獣たちが飛び出してくるような感覚が楽しめるということですが、正確には3D用の機材を使って撮影された映画を例の眼鏡越しに観るというのならともかく、中にはこのブームにあやかって、そうでない映画まで観客に眼鏡を使わせて「はい、いらっしゃい」と呼びこんでいるものもあるようで、何でもかんでも銀幕のこちら側に飛び出してくりゃいいっていうものでもないんですが…。

 今から半世紀以上前の1957(昭和32)年、この年も日本映画は技術革新の時代を迎えていました。
 映画の画面が、それまでのほぼ正方形だったスタンダード画面から横へグーンと広くなったワイド画面(シネマスコープ)へ移行していく時代で、他社に先駆けていち早くワイド画面の製作に乗り出した東映が、日本映画最初のワイド画面の第1弾(東映スコープ、総天然色)として、その年の4月に時代劇「鳳城の花嫁」(監督・松田定次、主演・大友柳太朗)を封切ました。
 当時のキネマ旬報などを読むと、ワイド画面の映画を製作するにあたり、松田監督や撮影を担当した川崎新太郎などが映画評論家たちとワイド画面を巡る話し合いをしています。その中で、しきりに難しく考えがちな評論家たちに対し、監督としてワイド画面映画のトップバッターを担うことになった松田定次が「画面が広がるからといって特に気にすることはない」というようなことを気負うことなく淡々と述べているのが印象的です。

 東映は「鳳城の花嫁」の封切以後、当面は毎週、従来のスタンダード映画とのカップリングでワイド画面映画を封切っていきますが、次に封切られたのは現代劇映画としてのワイド第1弾(モノクロ版)「第十三号棧橋」(監督・小石栄一、主演・高倉健)でした。そして、その次に封切られたのが時代劇のワイド映画第2弾(モノクロ版)となる中村錦之助主演の「源氏九郎颯爽記 濡れ髪二刀流」です。
 監督は、東映映画2作目の加藤泰でした。


 

 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。