--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-30

「元禄忠臣藏」は新鮮だった

元禄忠臣蔵101105


 画像は、今から30年前、東京の三百人劇場で1942(昭和17)年に製作された溝口健二監督の「元禄忠臣藏」前篇・後篇を初めて観た時のパンフレットの表紙でおます。

 昭和17年といえば、日本の15年戦争の末期ながら前年12月の真珠湾攻撃に端を発した太平洋戦争が始まったばかりのころでおます。戦局はまだ日本に有利であったものの、この後、急速に負け戦に傾いていく、ちょうど端境期のころで、もちろん、端境期などといえるのは当時の時代が歴史となっている現代だからこそでおます。時代の流れの中にあって、今が端境期なのかどうかを認識できないのは過去も現在も同じことでおます。

 そんな時代に製作費120万円(30年前当時の換算で約18億円とか)という目玉が飛び出しそうな資金が投入され、前進座の面々と当時の松竹系のスターたちがタッグを組んだこの映画、一種の国策映画ですな。松竹配給ながら、わざわざこの映画のために興亜映画という会社が設立されたということでおますが(後篇は松竹京都)、「興亜」という名前からして戦時色プンプンでおます。クレジットタイトルの冒頭、「護れ 興亜の兵の家」とか「情報局国民映画参加作品」とか、当時としては当然、でも、今から見れば仰々しいタイトルが出てきます。

 溝口健二監督の作品歴の中では、大金を投じてできた映画の割には比較的評価が低い作品とされていますが、いや、これがボクにはとてつもなく新鮮で面白い忠臣蔵映画でおました。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。