--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-24

「雷桜」のラストは?

雷桜101024


 このところ、観る映画は時代劇づいております。観るばかりでなく、出てくる映画に時代劇が多い世の中で、「オカダジャパン」にひっかけて5本の時代劇映画がセットになってPRされており、そのうちの3本も観ているって(残り2本は未公開でおますが)、どないなってんの? でおます。

 佐藤純彌監督の「桜田門外ノ変」で肩すかしをくらった後、観たのが廣木隆一監督の「雷桜」でおます。原作・宇江佐真理、脚本・田中幸子、加藤正人による若い男女の悲恋物語で、廣木監督といえばボクは2003年の寺島しのぶがまぶしい「ヴァイブレータ」以来でおます。2007年にはボクの好きな作家、馳星周の「M]なども映画化しているようですが、この映画はまだ観ていません。星周原作の映画って、あまり成功していないようなので、どうなんやろね?

 さて、「雷桜」。
 このところ、ノイローゼになる金八風中学教師を演じた「告白」、女たらしの大学生役の「悪人」とワキに回っていた携帯電話CMのにいちゃん、岡田将生と若手実力派の蒼井優の主演でおます。
 蒼井優、よろしおまんな。絶対、美人とはいえませんが、その分、演技力で頑張っている人でおます。そして今回、気付いたことですが、この人の指、すらりと長く、細い、ホンマええ指してはります。もっとも、そのきれいな指が今回は馬を駆ったり、炭焼きをしたりする山奥で育った娘という役柄上、「あり得る?」でおましたけど。

 将軍の息子に生まれ。気鬱の病に悩む若殿と庄屋の娘に生まれながら誘拐されて、人里離れた山奥で育った娘との「この世のさだめ」に阻まれる恋物語でおますが、この映画を観てボクは工藤栄一監督の東映時代劇「お姫さまと髭大名」(1962年)を彷彿しました。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。