--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-23

耕作さんの夢の続きは「夜汽車」

夜汽車100923


 映画「櫂」に勢いづいたのか、次に観たのが山下耕作監督の「夜汽車」(1987年、東映京都)でおます。
 これも23年前の封切当時に観ていますが、「櫂」同様、宮尾ワールドの1篇で、宮尾登美子の小説「夜汽車」と「岩伍覚え書」から松田寛夫と長田紀生が脚色しています。撮影監督は今をときめく木村大作でおます。
 それまでの宮尾ワールド映画を担当してきた監督・五社英雄、脚本・高田宏治のコンビから一転、山下耕作、松田寛夫、長田紀生とくれば、いかに十朱幸代が主人公の宮尾文学映画といえど、これはもう任侠映画ワールドでおますがな。
 事実、萩原健一が「高倉健かい?」ってな芝居を見せとりますし、ヒロインが指を詰めたり、ラストの斬り込みに至っては斬られる親分が遠藤太津朗(旧・辰雄)だったりときては、任侠映画の旗手として名を馳せた耕作さんの遂に抜けきれなかった夢の再現といってもいいのでは?
 ただし、イメージの象徴となる花は登場してまへんけどね。
 
 ついでに記せば、山下耕作と十朱幸代の出会いは、中村錦之助主演の「関の彌太ッぺ」(1963年)、大川橋蔵主演の「大喧嘩(おおでいり)」(1966年)以来、3度目でおました。
 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。