--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-30

京都観光案内 続々つわものどもの夢の跡

100424_[加藤泰1]


 一躍、京都市街のど真ん中を車で駆け抜け、ようやく二条城にほど近い中京のまちに到着しました。
 そこが、今回の観光巡りの本来の目的地でおました。

 目的地は、お寺でおます。
 大通りの南は丸太町通、北は今出川通に挟まれた千本松通の真ん中ごろに、いくつか小さな寺が軒先を並べており、その中に大雄寺という小さな寺がおます。
 そこが、目的のお寺でおました。

 そのお寺に25年間、墓碑となって眠っているのが、わが敬愛する映画作家・加藤泰でおます。
 冒頭に掲げた墓碑が、加藤泰さんの現在の姿でおます。

 訪問したのは4月下旬でしたが、来月はちょうど祥月命日に当たります。
 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。