--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-10

30年ぶりに出会った「人生劇場 飛車角と吉良常」

飛車角と吉良常


 今やもう、おなじみではなくなった尾崎士郎の大河小説「人生劇場」。
 作者の中学生時代から始まる自伝的小説で、年代でいえば大正から昭和の戦争直後まで(1920~1940年代)、延々と書き続けられた作品でおます。

 大正なんて、昭和ですら、もはやはるか後方に過ぎ去っていますから、もう今の我々には生活実感など想像の外の、ホンマ、時代劇の世界でおますな。

 愛知県の田舎(三州吉良)の落ちぶれた旧家に生まれた主人公、青成瓢吉が豊橋の旧制中学を経て早稲田大学に入学、作家を目指して、いろいろなことがあり、勇躍、文壇デビューを果たして活躍、やがて、日本が戦争時代に突入すると従軍作家として戦地に赴き・・・と作者、尾崎士郎が自分の来し方を書き綴っています。

 その中で、いろいろな人との邂逅も盛り込まれています。

 もっとも有名なのが「残侠篇」に登場する飛車角こと小山角太郎、その恋人のおとよ、飛車角がおとよと世話になるヤクザ、砂村の小金一家の若い衆、宮川でおます。

 小説「人生劇場」の最も早い映画化作品は、1936年の内田吐夢監督の「人生劇場」(日活多摩川)でおます。これは「青春篇」を映画化したものです。
 戦後になって、「人生劇場」の映画化は東映、東宝、日活、松竹などが「青春篇」、続く「愛慾篇」「残侠篇」をミックスしたり、あるいは「青春篇」だけを取り出したり、「残侠篇」を独立させたりして製作しています。その中で最も多いのが「残侠篇」独立作品でおます。

 おかげで小説「人生劇場」はヤクザ小説のイメージを持たれていた時代もおましたが、「残侠篇」の中心人物になる飛車角や宮川は、この大河小説では主人公が出会っては消えていく群像の一部にしかすぎません。

 内田吐夢監督が1968(昭和43)年、「人生劇場」映画として30数年ぶりに映画化した東映東京作品「人生劇場 飛車角と吉良常」は、その名の通り、「残侠篇」独立作品でおます。
 世の中、「明治百年」と言われた年であり、2年後の日本万国博覧会開催を控えた、現在とは全く違う好景気にわき、一方では学生たちの騒乱が猛々しかった(今では、あの学生たちも定年世代でおます)にぎやかな1年であり、映画では東映の任侠映画全盛のころでおます。

 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。