--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-26

ある男の一生は「花の生涯 梅蘭芳」

 何年ぶりかでチャン・ツィイーが出ている中国映画が日本でも公開されていたので、観てきました、京劇に生きた男の一生を描いた「花の生涯 梅蘭芳(メイ・ラン・ファン)」(2008年)。

 カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したけれど、ボクにとっては大いにズッコケさせてくれた映画「さらば わが愛 覇王別姫」(1993年、中国)の監督、チェン・カイコーが再び、京劇の世界に生きる男と、その周囲の男女を描いた映画でおます。

 わが目的のチャン・ツィイーは、同じ京劇の男役の新進俳優で、主人公メイ・ラン・ファン(レオン・ライ)と共演する目的でメイに近づき、共演を果たしたばかりでなく、妻子持ちのメイと不倫の関係に陥り、やがて、相手の身を思って消えていく女性を演じています。
 こっち側から見れば、悲劇のヒロインそのものでおます。
 ただし、最初に登場する小娘の時代のチャン・ツィイーは、ちょっといただけません。小娘演技がカマトトめいて、この女、腹にイチモツかいな? と思わせてしまいます。
 ま、メイと共演したいという願いがあったから、まったくシロというわけではないですけどね^^

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

青山彰吾

Author:青山彰吾
 日本映画を中心にしたコーナーです。
 ただし、取り上げる映画は偏っています^^
 
 

最近はこんなんです^^
ゲストのひと言
テーマ紹介
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

在庫の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。